エヴァ スロット 30φ

エヴァ スロット 30φ

 魔王は何も、その腕力のみで世界を支配していた訳では無い

魔法使い、魔術師の上位的存在である仙人や賢者ですら足元にも及ばない程の魔法・魔術が使えるとか

 それを聞いたライは笑みを浮かべ、魔王(元)に言う

(よし……だったら魔法・魔術を使おう……!! 一番無難な魔術はなんだ?)【取り敢えず魔術で統一するのな

あなたも好きかも:松本 バッチ スロット youtube
俺的にはどうでも良いけど

あなたも好きかも:2016 pc オンラインゲーム
試しに四大エレメントのどれかを使ってみろ】 ライが魔術を使うと言い、それに返す魔王(元)は試しに魔法・魔術の基礎の基礎である四大エレメントから試してみれば良いと告げた

 そして、それを聞いたライは先ず頭の中で炎を纏うイメージをする

 ライの脳内では暖炉や焚き火の炎

そして火山や太陽の熱が渦巻く

すると、身体が熱くなるのを感じた

あなたも好きかも:パチンコ 釘 調整 違法
魔王を纏う時も血が熱くなるが、それとはまた違った感覚だ

(これか……行くぞ……!!) 熱を感じたあと、手を突き出し、それを一気に放出するイメージを作り上げ──「"炎《ファイア》"!!」 ──凄まじい勢いで掌から炎が放出された

 その炎は空気を焦がし、大気を熱してバジリスクの方へと向かう

その熱量は凄まじく、放っている本人のライですら暑く感じる程だ

 だがしかし、一応試し撃ちなので魔王の力を半分以下に下げている

 にも拘《かか》らずそれの勢いは増し、大地を焦がしながらバジリスクへと突き進む炎魔術

『シャァァァッ!?』 バジリスクは、予想だにしなかったであろう熱を受け、苦しむようにのたうち回るった

 続いてライは四大エレメントの水を思い浮かべる