偽物語 スロット 怪異

偽物語 スロット 怪異

 と、ライとブラックの仲間たちは二人の戦いを観戦しつつ被害を抑えているのだ

「そらっ!」「"切断《スィッキーン》"!」 再び拳と剣魔術が激突し、ライの背後には何かに切断されたような亀裂が出来、ブラックの背後は地面が抉れて何かが通ったかのような道が出来ていた

 無論、何も通っていないのだが

「オ──」「"剣《セイ》"──」「──"剣《フ》"!」「──ラァ!」 次に破壊力と切断力のある粉塵が舞い上がり、半径数キロの闘技場を大きく揺らす

あなたも好きかも:dq11 ジャックポット ルーレット
 それによって再び辺りに衝撃が走り、レイたちとサイフ達がそれらを防ぐ

「オラッ!」「……ッ!」 そしてライは剣魔術を掻い潜り、ブラックの腹部に蹴りを放ってブラックを吹き飛ばす

あなたも好きかも:パチンコ p新鬼武者
 今のライは魔王を纏っていないのだが、それでも数キロは吹き飛ばす力があった

 しかし、ブラックは数メートル進んだだけで砂埃を巻き上げて停止する

「やっぱ近距離は不利だな……」 ライから少し離れたブラック

ブラックは剣魔術を空中に創り出し、切断力のある魔力の塊を漂わせた

「"放出《ラマー》"!」 刹那、周りに漂っていた剣魔術がライに向けて放たれた

 空気を切り裂き、闘技場に舞う砂埃を貫いて突き進む

あなたも好きかも:花魁ドリーム スペック
「あーらら……(魔王

俺に剣魔術はあまりダメージ無いけど、俺じゃ砕けない……て事で一割使う)」【ハッハッハ! 一割か!? まあ良い

やってやろうじゃねえかよ!】 次の瞬間、ライの周りを漆黒の渦が包み込んだ