京田辺 パチンコ

京田辺 パチンコ

 これは一種の「開き直り」なので、指摘してきた「ノイジー・マイノリティー」は離れていくかもしれません

 しかしその他大勢の「サイレント・マジョリティー」を「こういう世界だからこんなことが起こるんですね」と納得させることができます

 そもそもこの小説を書いたのはあなたであって、指摘してきた「ノイジー・マイノリティー」ではないのです

 そこを履き違えて「指摘されたから直さなきゃ」と焦ってしまうのがいちばんよくありません

あなたも好きかも:鏡 スロット スイート
 指摘をまったく無視しろと言っているわけではないのです

 そういう指摘に対してどれだけ説得力のある「屁理屈をこねる」ことができるかどうか

あなたも好きかも:ブラックジャック 漫画 種類
それが書き手の度量なのです

 そしてどうしても「屁理屈をこねる」ことができないときだけ指摘を受け入れて訂正や修正をしましょう

あなたも好きかも:スロット 5 号機 年 表
設定が細かいほど指摘されやすい そもそも指摘を受けるのは世界を詳しく創り込んで細かな設定があるとき、つまり「舞台先」で物語を創るときです

 であれば、最初から世界を詳しく創り込む必要はありません

「舞台先」で創る場合であっても、ある程度設定にたるみを残しておきましょう

 指摘されることも少なくなりますし、指摘されても都度設定を定めていくようにすれば物語が破綻せずに済みます

 それでも「舞台先」の人は設定を創り込みたくなるものです

ですので「そこまで細かく設定すると読み手がついてこられませんよ」と指摘しておきます

 そもそも三百枚を書くのに微細な設定はまず要りません

その細部をひとつも漏らさず原稿用紙に書き込めば、それは「小説」ではなく「設定資料集」でしかないのです

屁理屈を突き通せ 設定の瑕疵(かし)については「こういう設定です」と開き直って「屁理屈を突き通す」ことでほとんどが解決します

 たとえば一人称視点で書いているのに、向かい合っている相手の考えていることがわかる描写をしたとしましょう