火サス パチンコ ボーダー

火サス パチンコ ボーダー

確かに人が増えているね」 神社を作ったときにはまったく他人がいなかったのだから、観光地としては大進歩と言ってもいいだろう

 そもそも金銭で儲けを出そうという気はまったくない

 一か所の神社だけでこれだけ人が来ているのであれば、当初の目的は果たしているのだ

  ソルは、百合之神宮を守る存在として、リピーターの間ではその存在が知られるようになっている

 そのソルが傍にいることで多少注目を集めている気もするが、考助たちは気にすることなく、他の神社の様子を見に行った

あなたも好きかも:うしおととら パチンコ 最終決戦
 結果からすれば、最初に見た北の神社とは大きな違いはなく、同じくらいの人数の観光客が入っていた

あなたも好きかも:ルル ぱちんこ
 三つ分を合わせれば、百人ほどの人数がいるのだから、かなりの数が入っていると言っていいだろう

あなたも好きかも:スロット 嘘だ
「・・・・・・なるほどね

確かに上手くいっているようね」 特に大きな騒ぎや混乱も見られないことから、シルヴィアがそう結論付けていた

 それを聞いたココロが、シルヴィアには見えないように陰でぐっと右手を握っていたのだが、考助がしっかりと発見していたのは、誰にも言わないでおいた

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ アマミヤの塔にある百合之神宮は、とある理由(・・・・・)により、女性冒険者に人気がある観光スポットとなっていた

 もともと現人神は、セントラル大陸で活動している冒険者の間で人気があった

 それに加えて、セントラル大陸を含めてどの大陸にも現人神を正式に祀った神社及び神殿は、アマミヤの塔にしかない

 正式にお参りをするとなれば、アマミヤの塔を目指していくしかないので、人気が出るのは当然といえば当然だ

 その上で、なぜ女性(・・)冒険者に人気が出ているのかといえば・・・・・・「ねえねえ! あっちに出たらしいわよ!」「えっ!? ほんと? 行ってみる?」「そうしましょう!」 ある情報を掴んだ仲間に促されて、他の女性冒険者が移動を開始した

 そして、彼女が進んだ先には、一匹の狐を幸せそうに撫でているひとりの女性冒険者がいた