旭川 パチンコ イベント日

旭川 パチンコ イベント日

「そのいばらのいましめは、薬でどうにかできる病ですか……」「……」 薬でどうにかできるものなら、吠狼と共に来る予定の薬師がどうにかしているだろうな……

 だから、風邪ではなく、荊縛なのではと、考えたのだけど……

 俺の沈黙で、答えは得た様子

あなたも好きかも:パチンコ 店員 難聴
サヤは表情を引き締めた

 そうして、急ぎましょうか

と、俺を促す

 村門まで来ると、その前でジェイドが待っていた

あなたも好きかも:パチンコ・パチスロドットコム
俺たちの出で立ちに片眉を上げて訝しげな表情になるが、サヤが俺を押し留め、馬車に近付いたのかと確認すると、否と首を横に振った

あなたも好きかも:パチスロ 各辺
犬笛で知らせを受けたのだという

 それを聞いたサヤは、ホッと息を吐き、ジェイドにも手拭いで鼻と口を覆うように指示すると、彼は言われた通りにした

 彼女がそう言うからには、意味があることなのだと、理解しているのだ

 門番の当番に当たっていたらしい騎士らが不思議そうに俺たちを見ていたが、とりあえずは保留

同じように手拭いで鼻と口を覆い、そのまま待機を言い渡す

 ジェイドも準備ができたとため、足を進めようとしたのだけど……

「レイシール様は、駄目です」 サヤが、そう言って、俺を止めた

「ウルヴズ行商団の病が本当に荊縛であった場合、レイシール様が病に近付くのはリスクが高すぎます

お父様……領主様に飛び火してしまうかもしれません

 領主様は、今お身体が弱ってらっしゃいますから、少しの刺激だって、与えたくないでしょう? だから、彼らに接触する人数は、極力少なくしておく必要があると思います」 至極真面目な顔で、サヤがそう言い、自身の身体を村門と俺の間に割り込ませる