パチスロ まどマギ

パチスロ まどマギ

しかしこれがドイツ側に伝わればプロシアやオーストリアなどがドイツ民族保護のため宣戦布告をする危険が高まるため、公示せず秘密裏に行うこととされます

あなたも好きかも:レトロフリーク スロット 交換
当然ながら動員令はデーン人が殆どいないホルシュタインの連隊(過去にモルトケ少尉が在籍していました)には発せられませんでした

 「ドイツ人がシュレスヴィヒ=ホルシュタインを奪った」とのデマに踊らされた首都の市民は3月21日の昼、王宮まで一万人規模のデモ行進を行い「国王はこの危機を乗り越えるため新政府を立ち上げシュレスヴィヒを確保せよ」と叫びます

あなたも好きかも:緋弾のアリア パチンコ 初代 設置店
前述通り政府内でもこの主張が大勢で国王は圧力に屈し14時に動員令を発しました

国防省は翌22日から動員を開始し、内閣も戦争を意図して改造され(3月政府)、あのオーラ・レイマンも無任所相として内閣の一員となったのでした

あなたも好きかも:名古屋市南区 パチンコ 大型店
因みにこの時、伯爵アウグスト・エダム・ヴィルヘルム・モルトケが立憲君主制初代首相を務めますが、彼は大モルトケとは違う家系で直接の血縁はありません

クリスチャンボー(王宮)へのデモ行進(1848年3月21日) このように全てが「手遅れ」となった後にシュレスヴィヒ=ホルシュタインの代表5人がコペンハーゲンに到着します

 5人は23日に王宮に招かれますが、国王は自治権拡大のためシュレスヴィヒ=ホルシュタインが企画する自治憲法の要求を拒否し「(ドイツ人が殆どを占める)ホルシュタイン公国には独自憲法を認める(自治)がシュレスヴィヒはデンマークの憲法に従って貰う(併合)」と述べるのでした

消沈した代表団はその夜、再び汽船でホルシュタインの首府キールへ向かいましたが、「コペンハーゲンで国王が革命派に捕らえられた」との噂(国王が国民会議に妥協した、が正解)は再び彼らを追い越してキールへ届くのです

 1848年3月23日

自分たちの代表が国王に謁見していた正にその時、キールでは首都で国王が捕らえられ革命が発生、とのニュースに即座に反応したドイツ人たちが「シュレスヴィヒ=ホルシュタイン臨時政府」の設立を宣言します

彼らは「国王が解放されるまでは王権を代理執行する」と述べますが、デーン人の誰もがそんなことは信じません

実際、シュレスヴィヒ=ホルシュタインをドイツ連邦に組み入れる動きは開始されるのでした

キール臨時政府の宣言(1848年3月24日) 翌24日、キールの臨時政府はシュレスヴィヒ公国とホルシュタイン公国を一つの「州」として認めるようコペンハーゲン政府(キール政府にとっては革命政府です)に要求します

しかも「両公国と公爵(国王が兼ねています)を侵略から守る」と宣言し、これは国民や諸外国に対し「独立を意図していない」との表明となりましたが、内面は別のところにあるのは明らかでした

 同じ24日

ごく普通の列車がキールを発し、ノイミュンスター経由でシュレスヴィヒとホルシュタインの境界、アイダー河畔のレンツブルク(シュレスヴィヒ領)に到着しました