パチスロ ランキング

パチスロ ランキング

 立花は鼻から深く息を吐き腰に手を置いて、不愉快そうにそっぽ向いている勇美たちを見回した

あなたも好きかも:スロット ブラッド 天井
「散々なことをしてくれたもんだな、おまえら」 睨み下ろすが、誰も口答えはしない

むしろ、「あー、はいはい」と「またいつものヤツが始まった」と言わんばかりの雰囲気だ

 反省の色も空気もない彼らに、竹谷は眉をつり上げた

「キミたちは何様のつもりだっ?」「おまえこそ何様のつもりだよバーカ」 そう目を据わらせた男子に顎をしゃくられ、竹谷はムカッと更に眉をつり上げた

舐められたものだ

 岡崎は痛む体を撫でながら、そっぽ向いている勇美を睨んだ

あなたも好きかも:パチンコ 店員 と 付き合う 方法
「……おまえ、本当に最低だな」「……」「みんなに怪我させて、迷惑掛けて

大島さんたちにも、こいつらにも」「なに言ってンのおまえ?」 何も答えない勇美の隣、頬を赤く張らした男子が岡崎を睨み返した

「迷惑掛けたって? 誰が迷惑だって言ったよ? バカじゃね?」 鼻であしらわれ、岡崎は不可解げに眉を寄せる

あなたも好きかも:前橋 パチンコ 禁煙
 あぐらを掻いて座り込んでいた一平は、首の後ろを揉み解しながらため息を吐いた

「おまえらなあ、それでもちゃんと謝らんかいなー

オレらに怪我させとんねんぞー?」 呆れた気配で突っ込むと、「ごめんなさーい!」と、勇美たちは一斉に頭を下げて謝る

そんな彼らのやり取りに、岡崎と竹谷は訝しげに顔をしかめた

「とりあえず……これでおまえらは負けってコトだからな

もう二度と優樹に手を出すんじゃねえぞ」 立花に睨まれ、勇美はムスッと頬を膨らませてそっぽ向いた

「ち、ちょっとちょっとっ!」 竹谷は焦り、呆れてため息を吐く立花に近寄って覗き込み怪訝に眉を寄せた

「なんだいそれはっ? その言い方はっ? ……まさかとは思うけど、こいつら……許す気じゃ……」 恐ろしげに伺う竹谷に、立花はなんでもない顔で肩をすくめた

「だからなんだよ?」「冗談だろ!?」 あっさりと答えられて済む話しか! と、竹谷は愕然とした顔で身動いだ