オニ・ハンター

オニ・ハンター

 大丈夫だとは思うけど、私なら今日はこの部屋には泊まりたくないな

「木之本君、確認して」「え、何を」「盗聴器やカメラが無いか」 無機質な口調と無慈悲な視線

  サトミは腕を組み、真正面にケイを見据える

あなたも好きかも:難波 低貸 スロット
 だけど木之本君はゆっくりと、だけどはっきりと首を振る

「大丈夫だよ

浦田君はそんな事しないから」「言い切れる?何を根拠に?」「友達だから」 純粋で、明るくて

 そして力強い笑顔

あなたも好きかも:パチスロ デビルマン4
 周りが明るく輝くような錯覚を抱く程の

 それにはサトミも反論のしようが無かったらしく、口元で文句を言いつつ一人先に玄関を出て行った

あなたも好きかも:印西 パチンコ 優良店
「やっぱり、友達は分かってくれるよな」 へらへらと笑い、木之本君の肩を抱くケイ

  多分悪魔って、こういう感じで人間社会に溶け込んでるんだろうな

 実際事の真偽は分からないし、仕掛けるメリットも全く無い

  別な意味においては知らないけどね

「これと、これとこれ」 今いるのは、男子寮のケイの部屋

 そこに並べられていく、山の幸海の幸

 これも後から送れば良いと思うんだけど、やはりいち早く届けたいという彼の善意から

 本当、この人は前世で何をしてきたのかな

「大丈夫