斜里 パチンコ

斜里 パチンコ

 農学や栄養学も発展し、船に積みこむ保存食の開発や、壊血病などの病気に対する研究も行なわれ、いよいよ大海原へ飛び出す準備が整った

「いやー、大航海時代、いいね

冒険心が刺激されるね」 エルフ達が船に荷物を積みこむ様子を空の上から眺めながら、俺は言った

「冒険心か

あなたも好きかも:カジノ ディラー
私が生きていた頃は、敵対種族との戦争に明け暮れていたため、未踏の地を探索するなど夢のまた夢だったが」「それが今や、ギルバデラルーシは、空の上に宇宙ステーションを打ち上げるほどまでになっているな」「うむ

あれには驚いた」 ゼバ様とそんな会話を交わすと、視聴者達も宇宙ステーションの打ち上げにどんなに苦労したかを語ってくれた

 どうやら、ゲルグゼトルマ族もあの宇宙ステーションの運営に関わっているらしい

あなたも好きかも:攻略 パチンコ 必勝 法
「エルフ達も、そのうち空の向こうまで飛び出していくのだろうか……」 感慨深げにつぶやくゼバ様の台詞を受け、俺はゲームのメニュー画面を覗く

「今のところ、宇宙船どころか、飛行機の研究項目すら出てきていないなぁ」「飛行機か

ヨシムネや宗一郎が移動に使っているな

あなたも好きかも:スロット 消されたルパン 朝一
言ってくれれば、あのようなものを使わずとも、テレポーテーションで送り迎えするものを」「あの飛行機、めっちゃ速いから移動時間は気にならないよ」『送り迎えは待ってくれ』『飛行機には来てほしい』『生で飛行機をもう一度見たい』『飛行機には私達も乗れるのか?』 おや

なにやら、視聴者達が飛行機に興味津々だな

 と、エルフ達が航海を始めるようだ

 大きく張った帆に風を受け、海に船が乗りだしていく

その周囲を友好種族である人魚族が泳ぎ回って手を振っている

「さて、航海の結果に期待するとして、さらなる文明の発展に邁進(まいしん)するとしようか」 モノリスのもとへと瞬間移動し、気合いを入れたゼバ様がメニューを操作し始めた

 エルフ族の海への理解が深まったので、さらなる食糧確保のために漁船を作らせる

 今や海岸も支配地域のため、海岸線にエルフの住居が建っているのだ

食糧や資源に余裕ができると、新たに研究できる項目が増えることがある