パチンコ リング 呪いの7日間2 シンプルモード

パチンコ リング 呪いの7日間2 シンプルモード

 朝の冷たい風に身も心も引き締めつつ、軽快な足取りで歩いていく

 そのまま少し足を伸ばして、学校へと向かってみる

 卒業式は明日で、ロックアウトの件も多少気になる

 もしかすると、夜の内に何かされているのかもしれない

 塀沿いに歩いていくと、トラックのような影が行く手に現れる

 昨日のトラックにしてはかなり大きく、トレーラーのコンテナくらいのサイズ

 確かに正門を塞ぐにはもってこいの大きさ

あなたも好きかも:スタンド名 スロット
 それに腹を立てつつ近付いていくと、思わず言葉を失った

あなたも好きかも:ブラックジャック 命を生ける花
 正門の前に置かれたコンテナ

 トラックの部分はどこにも無く、正門の地面に直接コンテナが並べられている

 当たり前だが私一人で動かせる訳は無く、こればかりは人間が何人いようと無理な話

 コンテナとコンテナの間はかろうじて人一人が通れるくらいの隙間が作られ、そこを抜けるとようやく正門

 ただし門は今日も閉まっていて、手前にはバリケードも置いてある

あなたも好きかも:綾瀬駅 パチンコ
 バリケードで左側は塞がれ、自然と詰め所側に誘導されるようになっている

 コンテナの下は当然くぐれず、上を通ろうにも見上げんばかりの高さ

 ふつふつと怒りがこみ上げるが、相手がコンテナではどうしようもない

「水」 マンションへ戻り、ぶっきらぼうにそう告げて玄関にしゃがみ込む