茂原 パチンコ

茂原 パチンコ

あなたも好きかも:パチンコ 栃木市 ベガスベガス
 テテュラの事件と魔人の事件を踏まえての防衛の見直し、そして……テテュラの処罰、対応についても話し合われたそう

「――今日、殿下が来るそうよ」 何気ない会話を楽しんでる最中、ハイドラスの話題が出たところでテテュラは切り込む

「そっか……殿下、この頃学校で見かけないもんね」「……来るってことは……」「まあ、貴女のお察しの通りよ」「?」 アイシアは不思議そうに首を傾げるが、俺とリュッカはこのタイミングで訪問するということは、処罰が決まった頃合いとみる

「だからその前に、貴女達だけに聞いて欲しい話があるの」「なに?」「……私の過去、私があんな事件を引き起こす要因となった原動力の話よ」「!」 それはみんなが気にしていたことであり、尤も触れてはいけないところだと、みんなが察して聞かなかったところ

 テテュラの心の傷(トラウマ)というデリケートな部分の話を、俺達三人には聞いて欲しいとのこと

「聞いて大丈夫なの?」 本人は話すというが、心配なので一応、もう一度尋ねると、少し表情が渋る

「本当は思い出したくもない話なの

あなたも好きかも:鬼浜 スロット つっぱりステージ
でも、いつまでも殻に閉じこもっていたからこそ、今回の事件を起こす結果になったんだと思うわ

それと……」「ん?」 テテュラが珍しく、ちょっと恥ずかしそうな顔をした

あなたも好きかも:ビット カジノ アフィリエイト
「あまり沢山の人に知られたい話でもないの

貴女達だから……話すの」 友達としての扱いが恥ずかしいのか、そんな反応

 そこを照れるよりもっと思うことがあるように考えるが、これはテテュラが過去を見るではなく、未来を進むために過去と向き合うと決めた結果の反応と考える

 都合が良いようにも考えたが、その方がこちらとしても気が楽だ

「……わかったよ」 どうせ話を聞けば、重苦しくなる話だろう

 テテュラのあの事件での剣幕を考えれば、想像も固くない

 テテュラは哀愁を漂(ただよ)わせながら、少し俯きがちに話を始める

「私は西大陸のナジルスタ帝国近隣の国の出身でね、ちょっと名の知れた貴族家の長女だったの」「それはクルシアがちらっと言ってたよ

弟さんもいるとか……」「ああ、聞いていたの……」「でもそれだけ