しげ 王 パチスロ

しげ 王 パチスロ

「母上が、俺を殺せと命じたのか……?」 鼓動が聞こえた

 襲撃騒ぎが起きた処刑場とは思えないほどの静寂の中、シーラは、自身の心音が高鳴るのを聞いていた

脈動が早くなっていくのを止められない

止める方法などないのかもしれない

あなたも好きかも:ベタピン スロット
伝えられた真相の衝撃を乗り越えるのは、簡単なことではない

 シーラは、母を愛していたし、母もまた、シーラを愛していると信じていた

セリスは権力闘争や派閥争いとは無縁の存在だったはずであり、彼女がシーラ派やその頂に担ぎあげられたシーラに対してなんらかの行動を起こすとは想い難かった

あなたも好きかも:ルパン パチンコ 攻略
 シーラは、自身やシーラ派の弾圧に家族が関与しているなど、想像してもいなかったのだ

あなたも好きかも:オンラインゲーム upnp
想像できるはずもなかった

父リセルグ・レイ=アバードは、必ずしも聡明とはいえないが、だからこそ政争を起こすような人物ではなかったし、母セリスは、家族愛に溢れた人物であり、実の娘であるシーラの殺害命令を下すような人柄ではなかった

今年九歳になるセイルはいわずもがなだ

 たった四人の家族だった

 もちろん、王家の血を引く、いわゆる王族と呼ばれる人間は、四人だけではない

リセルグの実弟イセルドを始め、アバード王家に連なるものは多い

しかし、シーラにとって家族といえるのは、リセルグ、セリス、セイルの三人だけだった