パチスロ 怪文書

パチスロ 怪文書

その上であえて皆に聞こえるように言ったのだ

イブリンが断れないように

「……殿下は、私に煉獄を征けと仰る……」 グィド一人に向けてイブリンは呟いた

まだ君たちを地獄に来させるわけにはいかないからね」 そう言って、グィドは飄々と笑った

あなたも好きかも:ネット カジノ と は
◇◇◇ 将軍や親衛隊が立ち去り、荒涼とした司令塔の上で、グィドは一人ほくそ笑んだ

「……僕にしては、気が利いてるな

うん……冴えてる」 本当に有能な君主ならば、このような状況になる前に民を逃がすことが出来たはずだ

あなたも好きかも:パチンコ 蒼天の拳 双竜 裏ボタン
 あるいは全ての辺境伯領より戦力を招集し、押し寄せる夜魔の軍勢を撃退することも出来たかもしれない

死んで責を償うなど無能の証明以外の何物でもない

 だが、自分の器ではこの程度のことが限界だ

あなたも好きかも:ルパン三世 パチンコ ラストゴールド 雷雲モード
 これでイブリンは……あの若く律儀な将軍は、死ぬまでラヴェンナとマリオンのために戦ってくれるだろう

いつ終わるか知れない厄災の中で、擦り切れるまで剣を振るってくれるはずだ

 そして、自分はここできっちりと死んで見せなければならない

そうでなければ王家に汚名が残る

民草が死んでいく時に、自分たちだけ身を長らえたと

仮にラヴェンナの復興が成ったとしても、王家に対する忠誠が甦らないのでは何の意味も無い

最悪、マリオンはその地位どころか命までも脅かされるかもしれないのだ