シルクロードアネックス パチンコ

シルクロードアネックス パチンコ

あなたも好きかも:島漢 スロット
女王として何よりも感謝いたします」胸を張って、毅然とした態度でミサキは俺たちに感謝を述べる

「少し、タジマ様と話があるので、外して貰って良いですか」「もちろんです」アルデハイトとマイカは一礼すると、素早く扉を開けて出て行った

お前ら……ここまで想定内で俺を連れてきたよね

そうだよね

二人が出て行くのを見届けると、ミサキは俺に抱き着いてくる

「心配しました

あなたも好きかも:パチスロ シスクエパラダイス
こんなにも早く、ラングラール軍を倒すなんて……」「……大好きです」頬にキスをされて、戸惑う俺を女王はソファに誘う

「先ほど報告を受けたのですが、魔族の女を捕えたとか……」「ですね

あなたも好きかも:百姓一揆 パチンコ
中々強いやつでしたよ」「お怪我はありませんか?お仲間に負傷者は?」身体を寄せ、上目遣いで綺麗な顔を近づけ、心配してくるミサキに、俺は胸がドキドキしている

戦場での異常な高揚感のあとに、性的な興奮はダメだ

これ、ちょっと……やば……も、だめ……

本能の赴くままに、ミサキの背中に、腕を回しかけたその時に、「バンッ」と大きな音をさせ、扉を開けて、軍服を着た大老ミイが入ってくる

セ、セーフ……

あぶねぇ、一線超える直前だったわ

ホッとしていると、大老ミイは、ソファで寄り添っている俺たちに気付いて「大変失礼しました