スロット ガーデン

スロット ガーデン

 勿論、このプレッシャーを間近で受けているチェシーは、一瞬で白目を向くも、「はーい! 気絶しなーい!」 クルシアに無理やり起こされて、魔力圧を受けることに

 するとガシャンというガラスが割れた音が聴こえると、クルシアは魔力を抑えた

これでボクの強さの証明にはなったかい?」 どさっと地面に落とされたチェシーは、恐怖に震えた一言

「ば、化け物……」「そ

よく言われるよ

魔力量だけなら、バザガジールにも匹敵するからね、ボク」「はあ? ほ、本物の化け物じゃないっスか!!」「しかもボクと彼は親友! 呼んだら来るけど、呼ぶ?」 もうヤバイ情報が次々と来たせいか、もう反論する余力もなく、チェシーは恐怖しながら後退る

 するとクルシアはメルトアの方へ振り返る

「そろそろ種明かしといこう

あなたも好きかも:パチスロ ピンクドラム
気になるだろう? どうしてボクと彼女を間違えたのか」「――幻術魔法だろ?」 そう答えた俺に、絶望感を抱えたままメルトア達は視線を集中させた

「闇魔法の中にあったよ

あなたも好きかも:錦糸町 スロット 優良店
私は不得意だけど、人形使い(ドールマスター)と同様、精神系の部類の魔法だよね? おそらく発動したのは、戦闘前のあの指を鳴らした時、リアンって五星教の側に現れたことにもそれなら説明がつく」「そ、そんな……」「待て、リリア

あなたも好きかも:タウンワーク パチンコ 横須賀
幻術魔法なら俺達でも気付いたはずじゃ……」「今クルシアが壊した結界がなければ、もっと早く気付けたかもしれないけどね……」「!?」 闇属性持ちは同属性に限らず、呪いを受けなかったり、幻術などを見破れる耐性みたいなものを特性として身につけている

 だが、力量の差があればその耐性すら意味のないものとなる

 クルシアはおそらく俺達に気付かれないレベルの魔力を使い、幻術をかけ、結界の作用と合わせて見破りづらくしたのだ

 力量の差があるとはいえ、俺達自身は幻術破りや緩和の魔法を唱えられていれば、このような事態は避けられたはずだ

 本来なら光属性を持つメルトアも幻術破りはできるはずだが、メルトアにクルシアの情報はほとんどない

 それをメルトアも理解したようで、より深い絶望へと堕ちていく

「さっすが! 博識リリアちゃんは、どこかのお馬鹿さんとは違うなぁ