初代 スロット 聖闘士星矢

初代 スロット 聖闘士星矢

「鎖を振り回すしか脳のない男が、吠えるなよ……っ!」 焦らず牽制用に出力を抑えた光線を放つ

戦闘経験の差は確かにある

奴はこちらの光線を放つタイミングに合わせて回避を行えている

 だけどそれも罠、光塊の一撃には予備動作がない

さぁ、得意になって距離を詰めてこい

その瞬間がお前の最期だ……っ!? エクドイクの槍に纏わりついていた鎖の束が周囲の地面へと叩き付けられる

僕の熱によって水分を失った周囲の大地は砂状、その衝撃で周囲が何も見えなくなる

あなたも好きかも:スロット 偽物語 a
「目くらましっ!?」 だけどそれなら対応できる!このあと、正面で奴の影のようなものが揺らぐだろう

あなたも好きかも:オンライン麻雀 個室
だけどそれはフェイク、本当の狙いは背後からの一撃

 なぜ分かるかって!?なぜなら僕はあの男に同じ攻撃を受けて負けていたからだ!そうだったんだね、エクドイク!君は完全覚醒とまでは踏み込まなくとも、あの男の思考へと寄ってしまっているんだね! ああ、確かにこのままなら僕はエクドイクの一撃を受けてしまっていただろう!だけど残念だったね!君の憧れているあの男が、僕にこの状況を既に体験させてくれていたんだよ!「っ、そこだっ!」 目くらましの砂の中、正面に揺らぐ影

自分の口が歪むのを感じる

あなたも好きかも:初代 エヴァ パチンコ
まずは反応したふりをして、そのまま即座に振り向いて背後に光塊を放った

 人を殺めてコレほどまでに勝利の感触に震えたことはない

ああ、なんて僕は悪い――「――あ、れ」 胸元から突き出ている槍が視界に入る

背中から貫かれた?そんなはずは、だって僕は振り返って背後に攻撃を仕掛けたはずなのに

 振り返ると、そこには僕と同じくらいに意外だと言わんばかりの表情をしていたエクドイクの顔があった

「どうして急に振り返った……?」 困惑しながらも絞り出されたそのエクドイクの言葉に、全てを悟った