パチンコ 旧イベント 岐阜

パチンコ 旧イベント 岐阜

優樹もホッとした表情を見せ、それからは二人で楽しくデザートを食べだし、それから更に数十分して田中はためらいつつも椅子を立ち、優樹に深くお辞儀をしてその場を離れた

「山口先輩、さようなら」 わざわざ歩み寄ってきて笑顔で声を掛けられ、洋一は「気をつけて帰れよ」と微笑み返すと、彼女の背中を見送り、優樹を振り返った

優樹は残っていたジュースを飲み干して肩の力を抜き、ホッと一息吐いている

そのまましばらくぼんやりとしていたが、椅子の上に置いていた鞄を上げて肩に掛け、テーブル席を避けながら参考書を鞄に直す洋一に近寄った

「……もう

あなたも好きかも:藤の牛島 パチンコ
ホントにずっといるんだから……」 途中で部室へ戻るかと思っていたが、最後の最後まで居着いていた

そんな彼に呆れてため息を吐くと、洋一は片眉を上げて椅子を立ち、鞄を持った

「監視役としては当然だろ」 ――そう主張されても困るのだが

あなたも好きかも:スロット アクア
 怪訝に眉を寄せる優樹に構うことなく、洋一は田中が出て行ったドアに向かって顎をしゃくった

「で? なんの話だったんだよ?」「……なんの、って……」 優樹は言葉に詰まりながらも歩き出し、レジで精算しようとして洋一に“二名分”おごってもらい、外に出て傘を広げた

「それはちょっと言えないよ……」「はあ? なんでだよ?」 洋一は優樹の傘の中に身を潜らせて彼女の傘の柄を握る

そのまま奪われる形になり、優樹は高い位置にある傘を見上げ、腕をくっつけて隣に並ぶ洋一に目を移して顔をしかめた

「私の傘、小さいから濡れちゃう……」 拗ねた口調の彼女に、洋一は「お?」と少し目を見開いた

「“男嫌い”が治ったか?」と

 ずっと距離を保つようにしていたが、ようやく気を抜いて微笑み覗き込んだ

「くっついて歩こぉぜ優樹ちゃぁーん」 猫なで声で迫られても嬉しくもなんともない