南国育ち パチンコ ゆうタイム

南国育ち パチンコ ゆうタイム

あのような子供になぜあんな力があるのだ」 レオンガンドがどこからか拾ってきた少年のことだ

あなたも好きかも:パチスロ 天空のシンフォニア 光を求めて
セツナ=カミヤという名の少年が、突如としてガンディアの歴史に現れたのは、カラン大火という事件からだ

彼は、カラン大火の犯人ランス=ビレインことランカイン=ビューネルを倒したことでレオンガンドの目に止まり、バルサー要塞奪還の際に雇ったという

バルサー平原での戦いこそ、彼を一躍有名にしたのは間違いない

たったひとりで戦局を塗り替えた少年は、黒き矛のセツナの名でガンディアのみならず、周辺諸国にも知れ渡ることになった

あなたも好きかも:ファット・ラビット
 彼の活躍に国民は沸き立ち、セツナの名は、ガンディアにとって希望となった

いまでは、彼の名を知らぬ国民はいないだろう

ガンディアを絶望の底から押し上げたのは、彼を置いてほかにはないのだ

あなたも好きかも:バカラ デキャンタ 種類
レオンガンドともども、セツナは、救国の英雄としてガンディアの歴史に名を刻まれるに違いなく、それは太后派の人間も認めるところだ

 ログナーによってバルサー要塞が奪われたのは、彼らとしても苦しくはあったのだ

先王シウスクラウドの喪に服していた期間のことでもあり、レオンガンドを責める口実には使いづらいのも事実だった

そういう意味では、バルサー要塞の奪還による国土の回復は、太后派にとっても嬉しい事ではあったのだ

 太后グレイシアは、息子レオンガンドが王としての最低限の責務を果たしたことに心から喜んでいたし、そういうグレイシアの姿は太后派に属する人間の胸を打つのだが、かといって、彼らがレオンガンドの活躍を素直に喜べないのも事実だった