スロット 魔法少女まどかマギカ 新作

スロット 魔法少女まどかマギカ 新作

どちらかと言えば、考助様がいらっしゃった国の八百万の神的な存在と思っていただいた方がよろしいかと

まあ、私はいくつかの世界を管理しているだけの存在です

あなたも好きかも:フェアリーテイル スロット ボーナス終了画面
世界を創ったりするような大きな力は持っていません」 いやそれで十分です、とか、どうせこの考えも読まれてるんだろうなぁ、とか考助は思ったがすぐにアスラに否定された

「いえ、さすがに心を読むのは失礼に当たりますから直接読んだりはしてませんよ?」「・・・え?」 疑問の表情を浮かべた考助にアスラは、クスリと笑った

「考助様、考えていることがお顔に出すぎです」「・・・・・・ええ!?」 笑われた考助は、思わず顔に手を当てて、がっくりと項垂れた

 その様子をみてアスラは益々笑みを深める

「ま・・・まあ、それはともかく・・・今後どうするかは、私が選んでいいんですね?」「はい

あなたも好きかも:tsutaya ゲーム機 買取
そうなります」「元の世界に戻る場合は、今の記憶は持っていけないけれど、転生とか召喚とかだと持っていくことも可能ということですか?」「はい

その認識で間違っていません」「では、召喚でお願いします」「・・・決めるのが早いですね?」「いや、せっかくですから記憶は持っていきたいですし、さすがに記憶を持ったまま赤ちゃんからやり直すのは厳しいと思いまして」「なるほど、そうですか

では、その方法で進めます

といっても準備がありますので、考助様にはしばらくの間、[常春の庭]で過ごしていただいたうえで、準備ができ次第別世界へ行っていただくことになります」「わかりました

よろしくお願いします」 そういって考助は頭を下げた

 一週間後([常春の庭]は昼夜があった)

あなたも好きかも:ベトナム カジノ
 アスラに準備ができたといわれて、考助は召喚陣の上にいた

 この一週間の間は召喚される世界(アースガルドと呼ばれているらしい)についての知識の詰め込みを行ったり、[常春の庭]をぶらぶらしていたりした