カジノ 豊洲

カジノ 豊洲

『ハロー、アリシアだが?』「もしもしブライトビーだ

アリス、ちょっと頼みがあるんだけどいいか?」『お前たちの頼みは基本面倒なんだが・・・一応聞いておこう

あなたも好きかも:化物語 スロット 子役確率
いったいなんだ?』康太が頼みといった時点で康太単体ではなく康太と文二人の頼みであるということを認識しているあたりさすがだというべきか

とりあえず康太は事のいきさつと事情、そして頼みたいことをアリスに話すことにした

「ってことなんだけど、お前的にはどうだ?これはセーフか?」『・・・んむむむむ・・・フミはなかなかにやりてだの・・・私のセーフラインを見極めているようだ・・・』あまり康太たちに対して甘い采配をしたくはないアリスではあったが、直接助けを求められるのではなく間接的に手助けをしてほしいとなると、その頼みを無碍にするのは心苦しいようだった

あなたも好きかも:山梨 パチスロ ブログ
「別にいいんだぞ?やりたくないことなら無理しなくても」同盟関係とはいえ無理を言うつもりは康太としても、そして提案者である文としてもなかった

二人の中でアリスはあくまでないに等しい戦力だ

あってないようなもの、最初からあてにしておらず、頼んで了承が得られればラッキー程度にしか思っていない

二人がこんな調子だからこそアリスとしては手助けをしてやりたく思うのだろう

毎回毎回泣きつかれるよりも、最初からダメもとで頼んでくるというのはある意味すがすがしくも思えてくるのだ

『いやまぁ私としてもお前たちの技量が上がるのであればうれしいし、本人たちの努力も認めたく思う

あなたも好きかも:龍が如く5 パチンコ できない
それが結果的にお前たちの助けになるというのなら・・・まぁやぶさかではないのだが・・・』「なんか妙な言い方だな

じゃあ手伝ってくれるのか?っていうか今回の場合だと一緒に行動してくれるかってところか」『そうだの・・・フミの話を要約すれば一緒に行動して相手が私が使っていたような魔術を使った際に反応をする程度でかまわないというものだったからな

あくまで見つけ出すのはお前たちだ

そう考えれば別段気にすることもない』文が頼もうとしているのはあくまで自分たちが探すときに全く気づけないという状況を作らないようにするための索敵要員だ

だが一から十まで索敵するのではなく、あくまで見つけ出すための補助、アドバイスを出す程度のものであるとアリスは認識していた

そして文の認識もその形で間違っていない