ひぐらし の なく 頃 に パチンコ 曲

ひぐらし の なく 頃 に パチンコ 曲

「先生って……元気……だねぇ……」ナーニャが困惑しながら言う

「どこに行くんだよ」「遊園地かなー?」「……遊園地!?やったー!!」ナーニャがいきなり立ち上がって天井に勢いよく頭をぶつけた

「いてて……」「気を付けてくれよ」俺が苦笑いすると、娘も苦笑いで返し座りなおした

セイは無言で隣に座るドドンガと美射をチラチラと交互に見ては青白い顔でそっぽを向くの繰り返しだ

あなたも好きかも:ドラえもん バカラ 幻覚
明らかに先ほどより、恐怖心が増している

よほど、驚異的な服装センスだったんだろう

いや、確かにセイの目の前の美射は驚異的な服装センスなんだが怯えるほどなのか……

リムジンのエアカーもどきはその後も走り続けてそして、大きな白いドームの前で静かに停まった

ビル群のど真ん中に鎮座している数キロくらいの広さの建物だ

ドアが開いて、みんなで外へと出ると「ここが遊園地よ!!」変な格好をした美射がビシッと俺に指を差してくる

「言わなくても分かるだろ……」「ふっ、人生では予告したことと実際にあることが まったく違うことも多いのよ!? まだまだねっ」美射はそう言うと、颯爽とドームの入口へと歩いていく

あなたも好きかも:シンフォギア 朝一 スロット
ちなみに足元は高めのブーツである

あなたも好きかも:スカイウォードソード ルーレット
それをコツコツと響かせてドドンガを従え、胸を張って歩く美射の背中を脱力しながらセイと娘と追う

「遊園地楽しみだねー」ナーニャは両眼を輝かせて、俺に言ってくる

セイはもう完全にやる気がない

「タカユキぃ……ナーニャぁ…… どっちでもいい……セイ様を背負え……」「いいよーっ」ナーニャがセイを軽々と背負う

「自分で歩けよな……」「いや、もうセイ様ダメだ……生きる力が無い」「大げさすぎだろ……」「いこーっ!」ナーニャはとにかくやる気満々である

白いドームの四角く広いた入り口から中へと入るとドーム内に煌々とライトに照らされた遊園地が広がってい……いや、遊園地なのか?これは……なんだこれ……

「おっ、お父しゃん……」ナーニャも戸惑った顔で俺を見てくる