火曜サスペンス パチンコ 保留

火曜サスペンス パチンコ 保留

 書けば書くほど読み手が減って困る

 そんな方はこれまで「テーマ」を蔑ろにしてきませんでしたか

特定の誰かにテーマを届ける 具体的に読み手をひとり想定する

それはその人に「テーマ」を届けるためです

あなたも好きかも:スロット 台パン 故障
 わかりやすく噛み砕いた表現で、読みやすい小説を書く

 そこまで手を尽くして気を配って、初めて小説は正当に評価されます

 たったひとりにすら伝わらない小説が、万人に受け入れられるはずもありません

あなたも好きかも:パチスロ 神 回
 伝えたい「テーマ」のない小説は、たったひとりにすら「訴えかけるもの」がないのです

だからどんなに筆致を尽くしても、いくら表現が巧みでも、そんな小説は駄作と断ぜられます

 小説を書くときに必要なもの

それは「テーマ」と「伝えるべきたったひとりの読み手」です

 どうすればあの人にこの物語を、「テーマ」を伝えられるのか

 その取り組み方で、文章はより洗練されていきます

 書き手は絶対自分に溺れてはなりません

 自分のために作品を書くのでは、文章も独りよがりとなりがちです

 誰でもよいので「この人に読んでほしい」「この人に訴えたいテーマが伝わる文章を書きたい」と思うから、そういう文章になります

 ひとりは万人に通じるのです