スロット ガルパンg リセット

スロット ガルパンg リセット

ヴィルヌーブ=サン=ジョルジュの西南西5.1キロ)付近で宿営と食料にありついたのです

 この1日夜、普大本営はヴィルヘルム1世国王の名で命令を発し、このセーヌとマルヌ間にある諸隊(S軍団のほぼ4分の3・W師団・普第7旅団・普第2軍団)の指揮を一時普第2軍団長のフォン・フランセキー歩兵大将に預けるとし、フリードリヒ皇太子の独第三軍隷下のフランセキー将軍は、これも一時マース軍司令アルベルト王子の指揮下に置かれることとされました

あなたも好きかも:コジマ電気 ゲーム機
 フランセキー将軍の下には夕暮れ時、アルベルト王子からの命令が届き、それによれば、「本日S軍団司令官に下した総攻撃命令は明日実行せよ」とのことで、将軍は直ちにゲオルグ王子に対し「麾下諸隊を直率して明日2日早朝よりブリからシャンピニーに控える仏軍を攻撃せよ」と命じるのでした

 更にフランセキー将軍は王子に対して「必要ならば普第7旅団も配下に加え攻撃に用いるべし」とし、自身率いる普第2軍団の第6旅団と野戦砲兵2個中隊は明午前7時にシュシー=アン=ブリへ集合とし、軍団残余の部隊も全て宿営地において戦闘態勢を採るよう命じたのでした

 ところが、日付が変わって午前3時、フランセキー将軍の本営にベルサイユから連絡士官が到着し、「普第21旅団以外にも第2軍団の1個師団(普第4師団と思われます)をもセーヌ左岸(西)へ帰すように」との訓令を渡すのです

しかし、鬼神も畏れる「グラヴロット/サン=テュベール」や「シュウィープ森」のフランセキー将軍(「ケーニヒグレーツの戦い/死に神の棲む森で」以降を参照)は「今朝の命令は既に下された」として大本営の命令に服せず、「このままでは混乱を招くので前命令を保持することとした」旨の弁明書を急ぎ書き上げると、「これを参謀総長に」と連絡士官に渡したのです

あなたも好きかも:パチンコ 脳内物質
フランセキー将軍 同じ頃、ブリ~シャンピニーの前線ではデュクロ将軍麾下の将兵が眠れぬ夜を過ごしていました

独軍の目から遮蔽された場所にいた運の良い者は焚き火に寄り集まって極寒の夜を過ごしていましたが、殆どの兵士は毛布や重い防寒具を持たず寒空に凍えていたのです

 パリ軍当初の計画では、30日の内にシャンピニー半島を席巻しノアジーからヴィリエ、クールルイ高地、そしてシュヌビエールまでを占領、運が良ければシャンの部落すら制圧して将兵は暖かな室内で休息出来るはずでした

あなたも好きかも:パチンコ スーパーロボット大戦 感想
そのため、身軽になって戦闘に専念出来るよう「装備は必要最低限しか持たない」決定がなされており、パリ軍の兵士たちは輜重・行李は当然のこと、個人装備の毛布すら持たずに前進していたのです

シャンピニーの防衛(12月2日)エドゥアール・デタイユ画☆ 12月2日 12月2日黎明前

フランセキー将軍によってブレ攻撃を命じられた北独第24「S第2」師団は、ゲオルグ王子によって増派された同第23「S第1」師団の歩兵4個大隊とS軍団砲兵隊と共にノアジー=ル=グラン南東郊外のラ・グルヌイエール農場(ヴィリエの東北東2.5キロ付近にありました

現在は学校が建っています)付近に集合し、シャンピニー攻撃を命じられたW第1旅団はW第1連隊をヴィリエとその南側鉄道堤周辺に、W第7連隊とW猟兵第2大隊をブレール高地付近に集合させ、それぞれ出撃態勢を取りました

これら前線部隊の後方では、普第2軍団の普第7旅団が「クールルイの狩猟小屋」陣地周辺、同第6旅団は軍団砲兵2個中隊を付してシュシー付近にそれぞれ集合し、同第5旅団と軍団砲兵残りの4個中隊はマロルサン=ブリに向け夜間行軍中でした

ゲオルグ・フォン・ザクセン 午前7時

シャンピニー半島北部戦線の指揮官となった北独第24師団長エルウィン・ネールホッフ・フォン・ホルダーベルク中将は、同師団のS第107「ザクセン第8」連隊第1、第2大隊とS第104「ザクセン第5/フリードリヒ・アウグスト王子」連隊第3大隊、そして前進阻害となる障害物除去の支援としてS工兵第4中隊を師団前衛として進発させます

この前衛先鋒はS第107連隊第2大隊で、部隊は仏軍の前哨線を突破すると前哨兵をブリ市街へ撃退し、部落への街道(現・国道D75号線)を塞ぐバリケードや馬車などに潜んで待ち伏せたものの、眠れぬ夜を過ごしてすっかり戦意を失っていた仏哨兵を次々に捕虜として行きました