m factory パチンコ

m factory パチンコ

 まあ天然のおかげで、感動は置き去りになってしまったが

「これは直ぐにでも君彦さんに連絡しなくっちゃ」「えっ!?」 時刻は午前十時と五分前

 普通のサラリーマンの父、鬼塚 君彦(おにづか きみひこ)は現在、仕事中だろう

「ちょっ、ちょっと……」 俺が止めようとする頃には、もうスマホを耳に当てていた

 いつもはトロくさいくせに、こういう時の行動は早い

あなたも好きかも:パチンコ 小松川
「あっ! もしもし、君彦さんのお電話でしょうか?」 スマホの電話帳から検索かけて電話してるなら、間違いないだろというツッコミはもうしないと、俺は心に誓っている

「あっ! 君彦さん? あのね、勝平ちゃんが帰って来たの! それでね――」 相変わらずの仲良し夫婦っぷりを見せつけられる一人息子

あなたも好きかも:蒲田 スロット 2ちゃん
 将来的には両親のような家庭を築きたいと思わなくはないが、一つ言いたいことがある

 天然の嫁さんをもらうのはやめよう

 飽きることない人生を送れそうだが、それ以上に疲れそうだ

 きゃぴきゃぴと軽く飛び跳ねながら父と会話を続ける母は、くるりとこちらを向いた

「君彦さん、帰ってくるそうよ」「――今すぐ会社に引き返させろ! 別に逃げたりしないから!」 行方不明になった息子を素直に心配してくれるのは有り難いが、家庭の大黒柱として、社会人として全うするべきところはして欲しい

「いいじゃない

臨時有給取りますって」「……もう好きにして」 俺は大体、こんな感じで両親に振り回されることがあったりする