獣王 スロット 5号機

獣王 スロット 5号機

それもかなり危険な人物だと判断できる

「いえ、そういうわけでは……

ですが私達は護衛の依頼中ですので、余計な雑談などは控えた方が良いかと」「……ふぅん

つれないなぁ?ああ、自己紹介がまだだったよね

俺の名前はソライド、このホルステアル商会の代表のランドスレに世話になっているんだ

君達の名前は?」 この人が聖職者の方と同じで嘘を見抜けるか分からない以上、下手な嘘をつくわけにはいきません

「……メリーアです」 ソライドの独特の雰囲気に戸惑いながらも、他の護衛の人も答える

ソライドはうんうんと頷いた後、続けて質問を投げかける

「ところで君達の中にさ、黒い髪と黒い瞳を持つ男の知り合いっている?」「(――ッ!?)」 ここまで堂々と同胞さんのことを調べてくるのですか!?もしかして、同胞さんの策略が見破られている……?でも同胞さんは確か『リティアルならかもしれないだけで行動をしてくる』とも言っていましたし……それにソライドは私個人ではなく、他の護衛の方にも話しかけています

あなたも好きかも:パチンコ 貸玉ボタン
どう返事をしたものか……

「ねぇ、君は?」「……いえ、存じません」 もしもこの人が嘘を見抜けるのであれば、それ相応の反応を示すはず

表面上は平静を保って、相手の様子を慎重に……

あなたも好きかも:パチンコ 初当たり 引けない
実はその男、最近起きている強盗事件の首謀者らしくてね?今朝もランドスレさんと接点のあった商人を襲ったらしいんだ」 この人、躊躇なくデタラメを……

でも私達はその被害者の一人である商人の護衛としてここにいる

持ちかける話題としては自然な流れではあるけど……

「そうですか

情報をありがとうございます」「どういたしまして

君達もそんな男を見かけたら是非教えてね?とても極悪な人物らしいから、絶対に一人で近づいちゃダメだよ?」「……はい」 ソライドはそれで話が終わったのか、そのまま商館の中へと戻っていきました