右 打ち パチンコ

右 打ち パチンコ

いまとなっては、それだけがこの像の存在意義だろう

 いま僕の周囲には貴族のカップルが多い

 とにかく男女一組の割合が高く、年齢層も若く、空気が甘い

 何がどういう話になったのか知らないが、いつの間にか『十一番十字路』はロマンチックな逢引場所として有名になって、「ここで告白すると絶対成功する」なんて噂まで発生してしまっている

 僕は昼食用に買っていた硬いパンを『十一番十字路』で長椅子に座ってかじりながら、その噂に八つ当たりをする

あなたも好きかも:Tales of Egypt
「くそっ、なんで僕がこんなところで……

大体、大聖堂の場所が悪いんだよ……

場所がぁ……」 ついでに自らの仕事場の位置も恨む

 いま僕はフーズヤーズの騎士という立場であり、直属の上司たちが大聖堂で生活している

あなたも好きかも:無料 ルーレット アプリ
なので、何か仕事をするにしても報告するにしても、大体は大聖堂に赴かなければならない

あなたも好きかも:ゲーム機 一覧 画像
 そして、大聖堂で何かしらの仕事を終えたあと、自然と僕は昼食を摂らなくてはならなくなる

 もちろん、大聖堂内に食事を摂る所はちゃんとある

あるのだが……どうしても、一度大聖堂の騎士を辞めてから戻ってきた身としては、利用し難いものなのだ

 元々、僕は騎士としての立場が込み入っている

大貴族の末弟でありながら、その実のところの出自は不明

そんな僕が『天上の七騎士(セレスティアル・ナイツ)』になったり、元老院お抱えの騎士になったり、そう思ったらまた大聖堂の騎士に戻ったりしていれば、それはもう要らぬ噂が立ちまくりだ

 真面目に騎士として働いて出世を目指している貴族でなくとも、こんな胡散臭い僕を食堂で見かけたら因縁の一つや二つはふっかけたくなるだろう