スロット 蒼天の拳 朋友 設定判別

スロット 蒼天の拳 朋友 設定判別

皮膚と筋肉繊維が裂ける激痛を感じながら、ささっていたガラスの破片を放り投げ、俺も瓦礫の下で呻き声を上げている仲間の元へと向かった

「おい、しっかりしろ!」「ぶ、ブラド様…………」 俺の姿を見て安堵した同胞の頬には、溶けた痕があった

 おそらく先ほど飛来した攻撃―――――多分ICBMだろう―――――の弾頭に、聖水や水銀を充填していたのだろう

どちらも吸血鬼にとっては弱点の1つで、それで攻撃されればこっちは致命傷を負う羽目になる

耐性には個人差があるが、中にはそれを喰らうだけで即死してしまう同胞もいるのだ

あなたも好きかも:カジノ 勝ちやすい
 聖水や水銀は、吸血鬼にとっては硫酸のようなものだ

触れれば身体が融解してしまう

 耐性が高い吸血鬼ならば、ゆっくりになってしまうがその傷も再生することが可能だ

しかし体制の低い吸血鬼の場合は、その傷を自力で塞ぐことは不可能である

 この同胞は、少しは耐性があるらしい

非常にゆっくりだが、頬にある聖水で溶けた痕が塞がりつつあるのが分かる

 彼を引っ張り出し、腰にあるホルダーに残っていたエリクサーの容器を1つ渡す

「も、申し訳ありません」「気にするな

あなたも好きかも:スロット に
大切な同胞なんだからな」 絶滅してしまったサキュバスと忌々しいキメラ共を除けば、最も個体数が少ない種族は吸血鬼となる

父上が大天使との戦いに敗れたことを知った人間共が、一気に弱体化した吸血鬼たちを討伐し始めたことが原因であり、数多くの種族が奴隷にされている奴隷商人の元でも、吸血鬼の奴隷は滅多に見ることはできない

 それほど数が少ないのである

それゆえに、吸血鬼の兵士は1人死んでしまうだけでも大損害となるのだ

「ブラド様」「アリーシャ…………他の同胞たちは?」「はい、何人も犠牲者が出てしまいましたが…………春季攻勢に支障はないかと」 早くも春季攻勢が頓挫してしまうのではないかと思っていた俺は、安心しながら夜空を見上げた