パチンコラボ チャーミー 降板

パチンコラボ チャーミー 降板

 ライトノベルに置き換えると難しいのですが、主人公が悩んでいるとき幼馴染みが相談役になるような役回りでしたらそれなりの作品数があります

 メインの人間関係になりづらいのは、ライトノベルにしようとすると最初から距離が近すぎてドラマが作りづらいという理由もあるのではないでしょうか

なのでサブキャラクターであることが多いのです

「クラスメイト(と教師)」はかなりふわっとしたつながりであまり強い絆で結ばれているわけではありません

 賀東招二氏『フルメタル・パニック!』で主人公の相良宗介とヒロインでクラスメイトの千鳥かなめとの関係のようなドタバタ劇に展開しやすい

 丸戸史明氏『冴えない彼女の育て方』も主人公とヒロインは「クラスメイト」になっています

あなたも好きかも:まとマギ スロット2
 中高生ならほどほどの距離感が保てるため、人間関係に煩わされることもなく脇を固められる点で便利ですね

あなたも好きかも:大船 駅 パチンコ
「部活仲間」は学園ものでは最も用いられるつながりになります

 谷川流氏『涼宮ハルヒの憂鬱』、渡航氏『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

』などつねに時代の人気上位を占めているのです

葵せきな氏『ゲーマーズ!』もメインは「ゲーム部」という部活仲間になっています

「趣味仲間」は川原礫氏『アクセル・ワールド』『ソードアート・オンライン』が「オンラインゲーム仲間」の代表ですね

『このライトノベルがすごい!』の2016年度版文庫部門第1位の白鳥士郎氏『りゅうおうのおしごと!』も「将棋」を通した「趣味仲間」と言えなくもありません

あなたも好きかも:デート パチンコ 放置
相違点があるからキャラが際立つ 共通点を持てばキャラクター同士のつながりに違和感を覚えません

とくに中高生は限られた範囲内でしか人間関係のつながりを持たないため、そのつながりをしっかりと明示しておく必要があります

 しかしまったく同じ共通点を持つキャラクターばかりで周りを固めるのは話が別です

ただの「画一化」でしかありません