スロット 麻雀格闘倶楽部2 天井

スロット 麻雀格闘倶楽部2 天井

「・・・・・・なるほど」 そう呟いてから考え込むように顎に手を当てたシュレインに、長老が注目した

「なにかあったのか?」「いや

・・・・・・いや、ひとつアネタに聞きたいのじゃが、吾の姿はどう見えておるのじゃ?」「姿?」 シュレインの問いに首を傾げつつ、アネタはさらに続けた

あなたも好きかも:カジノ 債権回収
「ごく普通に、美人な顔とスタイルの良いお身体が見えているけれど?」「なんだと!?」 半分茶化したようなアネタの言い方に、しかしながら長老が驚きで目を瞠った

あなたも好きかも:パチスロ エウレカセブン2 中段チェリー 恩恵
 イネスと長老には、シュレインの姿ははっきりと見えていないのだ

 だが、いまのアネタの言葉は、ごく普通の人としての姿として見えていると言っている

 長老が驚くのは、ある意味で当然だった

 ただし、シュレインはそれを予想していたように、まじめな顔で頷いた

「なるほどの

・・・・・・その辺りに、なにかヒントがありそうじゃの」 これまでは長老とイネスしかいなかったため比較対象が少なすぎたが、三人目が現れたとなると話が変わってくる

あなたも好きかも:無料 カジノ スロット ゲーム
 しかも、三人揃って見え方が違っているのだから、シュレインが言った通り、それがなにかの鍵になっていそうだった

 長老とアネタ、交互に視線を向けたシュレインは、さらに続けて言った

「イネスとアネタ、長老に共通していることで、程度に差があるものはないかの? 付け加えれば、今日来たほかの三人が関わっていなければ、なおいいがの」 シュレインの言葉に顔を見合わせた長老とアネタだったが、揃って首を傾げた

「そうはいってもな」「私が関わっていて、兄様たちが関わっていないことなんてあったっけ?」 血族として伝えられるものは、しっかりと伝えて来た長老だっただけに、アネタだけに伝えたものというのが思い当たらない