ルパン パチンコ 攻略

ルパン パチンコ 攻略

弐號躯体が壱號躯体の改良品とすれば、肆號躯体は、参號躯体の改良品であるという

壱號躯体と参號躯体は、その設計思想からしてまったく異なるものであり、故に内部構造に大きな違いを見出すことは当然のことだった

 弐號躯体とは比べものにならないほどの情報量が、頭の中を駆け巡っている

あなたも好きかも:パチスロ 前兆とは
その膨大な情報量こそ、肆號躯体の特徴なのだ

全身のあらゆる箇所、あらゆる部位に神経が通っていて、回路を通じて情報を伝えてくるようになっている

壱號躯体、弐號躯体にも似たような機構はあったが、肆號躯体のそれとは比べものにならないほど大雑把で稚拙といっても過言ではなかった

あなたも好きかも:玉越 スロット
 たとえば、指でなにかに触れた感触というのは、弐號躯体でもわかった

あなたも好きかも:琴似 駅前 パチンコ
しかし、力の加え方による微妙な変化まではわからなかったし、指先の感触そのものが違う気がした

「セツナ、少しいいですか?」「なんだ?」「手を出してください」「こうか?」 ウルクは、セツナがなんの疑問もなく差し出した右手を両手で包み込んでみた

「な、なんだよ」 セツナはわけがわからないとでもいうような反応を見せたが、手を引っこ抜こうとはしなかった

ウルクは、そんなセツナに感謝しながら、彼の手の温もりを感じ取れることに驚きを覚えていた

これが、体温、というものなのだろうか

 人間のみならず、生物ならば、必ず持っているもの

 魔晶人形には存在しないもの

「セツナの手、暖かいのですね」「暖かい……って、ウルク、おまえ……」 セツナが驚くのも無理はなかった

魔晶人形といえば、体温を感じることなどありえない、というのが、常識だったのだ

 もちろん、温度変化をまったく感じないわけではない

躯体温度の管理は必要不可欠であり、もし、そのような機能がなければ、波光の熱量によって躯体を自壊させることだってあり得るだろう