サクラ大戦 スロット 曲変化

サクラ大戦 スロット 曲変化

 その調査の報告書を読み終え、我は頭を抱えたくなった

 幸い、ミンティス教国からの侵攻はここ最近行われていないが、国内で暗躍している仮面の者達と《大罪の七獣(セブンス・シン)》の出現で魔王領は危機に直面していた

 その状況下で、人間と亜人種――しかも、ミンティス教国の勇者(ブレイヴ)や聖女(ラ・ピュセル)を引き連れた者達が国内に入ったとなれば、最早内憂外患どころの騒ぎではない

「はい……ヘズティスの報告によると、我々の常識で判断できる脅威存在は狩野照次郎、藍川孝徳のミンティス教国の勇者(ブレイヴ)二名、元ミント正教会隠法騎士修道会騎士団長ジューリア=コルゥシカ、無所属の聖女(ラ・ピュセル)白崎華代、元勇者パーティのコンスタンス=セーブル、そして俄かには信じ難いことでございますが、勇者(ブレイヴ)でありながら魔王に至ったという魔獣の勇者――レーゲン=イーザー……しかし、彼ら以外が弱いという訳ではなく、実際にヘズティスが模擬戦をしたというホムンクルスの体を持つという高野聖と、エルフの精霊使い――リーファ=ティル・ナ・ノーグは先述の者達と同等の力を持っていたと語っております……まあ、それでもヘズティスに言わせれば足りないそうですございますが」 ヘズティスに、勇者(ブレイヴ)や魔王に匹敵する者達ですら実力不足と言わせる比較対象――能因草子という人物がいかに脅威的な存在かは、ここまでの説明で十分分かる

あなたも好きかも:ズバット 神拳(パチンコ) ズバット
「しかし、能因草子が殺した魔族の数はゼロか

あなたも好きかも:カルミナ スロット
それどころか、魔族の少年少女を救い、武器を与えたり、図書館の建造を行ったり、《大罪の七獣(セブンス・シン)》の討伐を率先して請け負ったりと、我々から見ればプラスの行いをしている

……普通の人間は我々に敵意を向けることはあっても、積極的に魔族に何かをしようとはしないものだと思うのだが……」「なんでも、その能因草子という人間は超帝国以外の敵対していた亜人種と人間の国々を一つに纏め上げ、その国家同盟の初代議長となった男だそうで……見た目はどこにでもいそうな冴えない黒髪の少年のようですが、その才能は底無しで、若くして教育者となり、貴族相手に勉強を教えたこともあるとヴァルルスが言っておりました

……それと、これは能因草子自身と“闇の精霊王”の証言なのですが、異世界に赴き、そこの神を二体屠ったとのことでございます

そのパーティには、神界と呼ばれる世界の雷神も含まれていたと……ミンティス教国で起きたと言われる四陣営戦争と呼ばれる史上最悪の戦争では単独でミンティス教国と世界を裏から牛耳ると言われている存在するかどうかすら定かではないヴァパリア黎明結社、古代文明の超兵器との戦争で唯一単独参戦し、超帝国マハーシュバラのインフィニット大将軍と引き分けたと……それと、天使を召喚し完全に使役したという噂もあるようでございます」「…………それは、《大罪の七獣(セブンス・シン)》どこの騒ぎではないな

幸いなのは、能因草子が我々魔族を敵と認識していないということか

……では、何故奴は魔王領に?」「それは、魔王様を殺すためだったそうございますですが……旅をする中で考え直したようで、『魔王を倒したところで別の魔王が現れる

だから、魔王を殺すのではなく共存の道を選ぶべきだ』と結論を出したようでございます

魔王を倒したという実績を作りつつ、我々を属国に……ということはないでしょう

人間にも亜人種にも平等に接するという能因草子という男が魔族に対して差別をする可能性はこれまでの行動を見ても皆無に等しく……我々が人間や亜人種と同じテーブルにつき、上下関係がなくフラットな立場になるということ彼は望んでいるのでごさいましょう

無知な者の夢想のようにも聞こえますが、実際能因草子は魔王領で多くの敵意に晒された筈です

しかし、その中でも敵意を和らげ、人間と魔族の交流の種を蒔いていったあの男ならば……とは、私が勝手抱いている希望でございます

確かに人間は我々魔族の敵でございます……しかし、我々は人間との戦いで多くの犠牲を出して参りました