パチスロ シュタインズゲート 感想

パチスロ シュタインズゲート 感想

 しかし俺の言葉に、ハインはキョトンとした表情で

そこは気にせずとも

 まぁ皆も大体、予想はしておりましたでしょうし」 …………やっぱり嫌味かそれ

「どうせ俺がヘタれるって?」「貴方がサヤ様の気持ちを蔑ろにするはずがない

ということをです」 ちょっと予想外の返答

あなたも好きかも:ネッテラー カード 作り方
 てっきりハインは、俺たちが致すことを望んでいるのだろうなと、そう思っていたから

 大抵において、俺を優先しすぎるあまりに無茶を通そうとするのがハインなのだし、約束の期間を過ぎた以上、もう待ったなしだとばかり……

 そんな風に驚き、瞳を見開いた俺にハインが付け足したのは……

あなたも好きかも:ボンバーマン スロット
「それができれば三年も待たなかったでしょうに」 ……ですよねぇ

「…………まぁつまり、今からも今までと一緒ってことで」 腹にあるサヤの頭を撫でて言うと、ハインは一歩下がって、手を胸に

「貴方がたがそれで良いならば、私は構いません

 それで、朝食はどうなさいますか?」「……ん……一時間後くらいにもう一回、様子を見てからにする

あなたも好きかも:新品 スロット台
俺もまだ少し眠いし……」「畏まりました」 それだけであっさり退室していく

 俺ももう一度、腹の上にあるサヤの寝顔を確認

 健やかに、安らかに眠る様子が愛おしく、愛らしい

 短くなった髪を指で梳くと、少し口元を動かした

やば、起こしたか?「…………ふふ……」 けれど、それは杞憂であったよう

 口角をあげて、くすぐったそうに笑った後、スヤスヤとまた、規則正しい寝息に戻っていった

 ほっと息を吐き、俺ももう一度眠ることにした