ま ど マギ スロット ソウル ジェム

ま ど マギ スロット ソウル ジェム

ただ、行く場所が場所だから基本的にいきなりな行動は自重すること

いいね?」「はーい!」 不死の国に行くのにヴィローサがついてくることとなったようである

まあ、最近は結構おいていかれることが多いような感じであったし、一緒にいる機会も大幅に減っていたのもあるしちょうど外に出る機会、ついていって一緒にいる時間を増やしたいという本心である

今回の場合は危険がそこまで多くない可能性もある、という点もある

あなたも好きかも:スロット ラボ 枚方 みん れ ぽ
まあ海の向こうの大陸という時点で危険はいっぱい、何があるかもわからないという感じではあるが……それでも、というのがヴィローサの意見

あなたも好きかも:テン・エレメンツ
そもそも危険などアンデルク城でもあるといえばあるのだし、あまり細かく気にしすぎたらどこにも行けなくなるだろう

あなたも好きかも:5.5号機 スロット ランキング
ヴィローサの場合妖精という種の問題とか、そもそもの肉体的な強さ、脆弱性の問題もあるのでそれはそれで問題だったりもするのだが

「わたしもついていった方がいいのです?」「メルは……まあ、別に戦いに行くわけでもないが、いてくれる方が安心できるかな

別に塔があるからそこまで大きな移動はしないとは思うけど、空を飛べる利点は大きいし」「ついでに竜の国の方の様子を見に行くのもありなのですね

たまには顔を出しておかないとダメっぽいですし」「えー……メル、ついてくるわけ?」「ご主人様を護るのがわたしの仕事なのです

他の従者たちと同じで主についていくものなのですよ」 ちらりとメルシーネは方々の従者たちを見まわす

アンデルク城には主想いの従者が少なくない

メルシーネはその種の性質もあって強烈な主想いなところがあるが、それに匹敵するほどの主想いも多い

主のためなら裏で色々画策したり、命すらかける、というのは珍しくない

メルシーネは基本的に公也についていくことも多いが、基本的に足、飛行しての運搬がその役目の殆どで護ること、仕え魔として主を護る守護の役目はあまりできてないことが多い

なぜかそうなってしまうというか、メルシーネが参加できない機会が多いというか

「他に誰かついてくるか? フーマルとかは……」「命の危機を感じるので遠慮しておきます

不死って、やばい相手ですよね?」「そうでもないとは思うけど……確かに不死が治めるって時点で不安はあるわね」「一応不死はアンデッドとして扱われるからこっちだと国として扱われるかはわからないね」「それは向こうでも同じだと思うが

あっちは人間が立場が強い環境だからな……ああ、そういう意味ではフーマルを連れて行くのはどうなんだろう」「不死の国だから人間による人間上位の性質はあまりないと思うのですよ? とはいえ、不死はアンデッドに含まれる名前の通り不死性の高い存在なのです