パチスロ まどマギ 穢れ

パチスロ まどマギ 穢れ

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ そんな会話をしてから数週間たったある日

 ミアは、学園の廊下で父親である考助が言った言葉を思い返していた

「予言と言うのは、こういう事をいうのかな・・・・・・?」 思わず出てしまったその言葉に、目の前にいた同級生が反応した

 ちなみに、ミアがこんな言葉を呟くことになった原因の一人(・・)である

「は? 何か言いましたか?」「ああ、いえ

何でもありません」 首を傾げたその男の子に、ミアは取り繕ったような笑顔と言葉を向けた

あなたも好きかも:桃太郎電鉄 パチンコ サミー
 相手はミアと同じ子供なので、その笑顔の意味には気づいていないようだ

「そうですか

あなたも好きかも:ガールズアンドパンツァー パチンコ 据え置き
では、一緒に帰りましょうか」 何が、では、なのかを詳しく問い詰めたいのだが、ミアはそれを内心に隠したまま笑顔を浮かべて首を傾げた

あなたも好きかも:スロット 稼働率 ランキング
「なぜでしょうか?」「なぜって、将来一緒になることが約束されている二人が一緒に帰るのは当然のことでしょう?」 もしここにフローリアがいれば、笑い転げたに違いないだろう

 目の前にいる少年は、ミアの同級生なのだ

 とうことは、当然年も十歳になるかならないかということになる

 そんな子供が口説き文句を言っているのだ

 勿論、貴族社会であればその年で婚約をかわすという事もあり得る

 だが、この場合はそれには当てはまらない