スロット 叛逆 期待値

スロット 叛逆 期待値

主人公をよりどん底へ叩き落とそうという魂胆

そのぶんだけ「ざまぁ」が決まったときの爽快感は格別です

ざまぁは意外と難しい とはいえ「ざまぁ」がうまく決まる作品はそれほどありません

「ざまぁ」はとても難しいのです

 事前の設定で「これだけ追い打ちをかければ、きっと主人公はどん底に違いない」と計算していても、それをどう「ざまぁ」するのか、つまり見返すのか

それを物語の形で読ませるのが難しいのです

あなたも好きかも:ナムコ ゲーム機
 人によっては「ひとりずつ「ざまぁ」していくのが面白い」と感じたり「全員を一度に「ざまぁ」するのが快感」だったりします

 典型的なのは「裏切った勇者パーティーが全滅の危機に陥っているところへ颯爽と現れて、強敵をひとりで倒してしまう」といったところでしょうか

 でもほとんどこのパターンなんですよね

あなたも好きかも:アネックス スロットステージ ブログ
 通称「ビリギャル」こと坪田信貴氏『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』なんて「実話である」という点でも際立っています

あなたも好きかも:パチンコ 手数料 計算
 皆から蔑まれていたギャルが、有名大学に現役合格する

見事なまでの「ざまぁ」っぷりです

今まで駄目さが際立っていて見限られた存在が、皆の度肝を抜くような大きな「ざまぁ」を一回で出し尽くしたところに快感があります

つまり「合格発表」で「合格したことを知った」ときに「ざまぁ」は完成しているのです

 今ドラマを放送中の池井戸潤氏『半沢直樹』シリーズは、主人公・半沢直樹がさまざまな苦境・逆境に立たされます