ぱちんこ 瀬戸

ぱちんこ 瀬戸

十分に満足したし 目的は達成できた

 レインボーオーラを出してみてくれ」ニヤリと笑ったライドンの首を見ながら俺が意識を集中するとあっさりと全身が虹色の闘気に包まれた

「多少、説明すると、その闘気を操るための 最も重要な条件は、その前段階の ブラックとホワイトを使いこなしている ということだ

それは君はクリアしていた」「……」「あとは、漏れっぱなしのオーラを 身体の周囲に固定化するだけだった

 君はオーラを固定化させずに延々と 精神世界から引っ張り出していたからね

 そして君ほどの使い手ならば 戦いの中で、自然と使い方は習得できる

あなたも好きかも:パチスロ ライター mio
 ただ、最初の話に戻るが、君は手加減を覚えすぎているからな

 それで、誰も死なない空間で 君と同格以上の使い手である俺が相手になった」「……ありがとうございます」俺が首に向けて姿勢を正して頭を下げると「戦いの中で、君は俺を軽く超えて行ったよ

あなたも好きかも:ペルソナ5 ルーレット
 ……ああ、十分だ

もう、本当に十分だな……」そう言った、ライドンの首はいきなり砕け散って真っ白な世界は薄らぎ始めて、辺りがブラックアウトしていく

……「はっ……」両目を開けると、近くに座った本田が「あ、あの……彼が但馬君の右手に手を伸ばしたら いきなり消えて……」そうか、体感時間で十五分って……

あなたも好きかも:パチンコ マリオン
こっちでは一秒もなかったのか……

今更、ショックが襲ってきて、言葉を失っているとミモナンヌがニコニコしながら近寄ってきて「残るは三名じゃな

わらわが予想して進ぜよう

 最後に残るのは、シュエじゃ」小声で、まだナーニャの後を付いて文句を言いながら馬人間の周囲をグルグル周っているシュエをチラッと見た