谷村 ひとし まとめ

谷村 ひとし まとめ

 自分が大きくなってからも、ずっと、胸の内に抱え続けていたのではないだろうか

 ずっと、苦しみ、哀しみ続けていたのではないだろうか

 そのことを気遣えなかった自分が、少しばかり恨めしい

 母の笑顔の奥底に隠された哀しみを感じ取ってやることさえできなかったことが、ただただ、心苦しい

 それと同時に感謝もする

あなたも好きかも:リングにかけろ スロット やめどき
 母が笑顔を絶やさないひとだったから、幼少期を幸福に過ごすことができたのは紛れもない事実だったし、そんな母の愛情を目一杯受け止めることができたのだ

あなたも好きかも:地獄少々 パチンコ
 そして、そのような母に育てられたことは、幸運そのものだ

 それに、もう二度と逢えない、という事実も――

 はっと気づくと、そこは森の中だった

 鬱蒼と生い茂る木々が枝葉の天蓋を作り上げた森には、見覚えがあった

記憶が加速度的に呼び起こされていく中で、視線の先、森の中の開けた空間に女と男が対峙していることに気づく

あなたも好きかも:札幌 イーグル パチンコ
 燃え盛る炎のような髪の女と、学生服の少年

 アズマリア=アルテマックスと神矢刹那

(これは……) セツナは、自分がいま見ている光景がどういったものなのかを理解して、目を細めた

 マスクオブディスペアは、セツナにこういった

『今一度、自分が何者なのかを知るべきなのでしょう』 つまり、これは、セツナが何者かを知るための光景であり、セツナ自身の記憶なのではないか

(いや……違う) 自分自身の記憶であれば、視点が違うはずだ

自分の姿は見えず、アズマリアの肉感的な肢体と美貌にこそ視線は集中したはずだ