番長 操 スロット

番長 操 スロット

それほどの距離が、ガンディアとマルディアの間には横たわっている

あなたも好きかも:ダイコク パチンコ データ
「そんな……!?」「だが、案ずるな

あなたも好きかも:パチンコ 松戸
これは、想定の範囲内の出来事なのだ」 レオンガンドはまたしても予想外のことをいってきたため、セツナはいよいよ混乱した

想定ん範囲内

あなたも好きかも:パチンコ 数字
だからレオンガンドは冷静なのだろうが、反乱が想定通りというのは、どういうことなのだろう

セツナには、理解できない

「え……?」 セツナの反応もまた、想定の範囲内のものだったのだろう

レオンガンドは、微笑さえ浮かべるほどの余裕を持って、セツナを見ていた

「なぜ、たかがマルディアの救援のためにわたしが出張ってきたと想う? なぜ、大将軍を筆頭に、戦力という戦力をこちらに投入したのか、不思議ではなかったか? マルディアだぞ

マルディア如きの救援にこれほどの大軍勢を用いる必要があると、想うか?」「それは……」「いいたいことはわかる

騎士団という要素もあった

戦力は必要だ

だが、わたしやアルガザードまでが出張る必要は、あるまい?」「あ……」 言われてみれば、確かにその通りだった

 マルディアの救援にレオンガンドが総大将として同行する道理はない

ガンディアの王都で勝報を待っていればいいのだ

ガンディアはマルディアに比べて大国であり、大国の君主たるものが、わざわざマルディアの反乱軍を撃退するというだけで重い腰を上げる必要などはなかった

 騎士団と十三騎士との戦闘が予見される以上、セツナ軍、王立親衛隊《獅子の尾》の参戦は絶対条件だっただろうが、それ以外の戦力に関してはいくらでも考慮の余地はあった

少なくとも、大将軍とレオンガンドの参加は必須ではなかったのは、間違いない