スロット 聖闘士星矢 ペガサス

スロット 聖闘士星矢 ペガサス

 良く言えば実力伯仲、悪く言えば団栗の背比べといったところだろう

 そんな『烈火の狼』だが、そのメンバーは自分たちがトップクラスの冒険者であることは認めても、実際にトップに立てるとはかけらも考えていなかった

あなたも好きかも:red stone ルーレット
 その理由というのは、「ほれ

そろそろ休憩も十分じゃろ?」「そうだな」 彼らに向かってそんなことを言ってきたシュレインとフローリアにある

「「「「「ふわーい」」」」」 ふたりに急かされて、リクを除いた『烈火の狼』の面々が立ち上がった

あなたも好きかも:スロット 1時間 何枚
 いま『烈火の狼』は、管理層にある訓練場でシュレインとフローリアに稽古をつけられているのである

 『烈火の狼』が、たったふたりを相手に情けない姿をさらしているところを見れば、眉を顰める者は多いだろう

 だが、当の本人たちはいたって真面目に訓練を行っている

 これでも最初の頃よりは、はるかにましになっているのだ

 なぜなら最初はシュレインひとりだけを相手にして勝つことができなかったのだから

 それを考えれば、しっかりと成長しているといえる

 そして、これが『烈火の狼』の面々が、自分たちがトップに立てると考えない理由のひとつであった

 要は、どうあがいても、少なくとも今の実力では太刀打ちできない相手がいることを体の隅々まで教え込まれているのである

 シュレインとフローリアに立ち向かっていく様子を彼らのリーダーであるリクが、少し離れた場所で苦笑しながら見ていた

 リクが離れたところにいるのは、パーティの連携を外側から見るためや戦力のバランスを考えてのことである

 流石にいくらシュレインとフローリアのふたりがいるとはいえ、リクがパーティに加われば、簡単に勝つのは難しくなってくる

 それでは訓練にならないので、敢えてリクは外れているのだ