スロット 顔認証

スロット 顔認証

「教えて欲しいんです

……矢野さんのこと、どうするんですか?」「どうてなんやねーん」「……ちゃんと付き合う気はあるんでしょうか? ……それとも、ないんでしょうか?」 真顔で訊く勝則の雰囲気に気が付いたのか、大介は顔を上げて怪訝に眉を寄せた

「なんでンなこと聞くん?」「……、矢野さん、結構不安がってます」 勝則は目を逸らすと、気まずく視線を落とした

あなたも好きかも:スロット 凱旋 履歴
「矢野さんは先輩の事を好きでいるのに、先輩は……どう思っているのか、矢野さんは知りたがってるみたいです

あなたも好きかも:パチスロ 北斗 修羅 の 国
……先輩の気持ちがわからないって、かなり落ち込んでいて……」 勝則は言葉を切らすと、必死な様子で顔を上げた

「本当に好きなら、好きだって伝えてあげてください

付き合うとか、そういうのは後回しでも良いです

あなたも好きかも:餃子の王将 バチンコ
ただ、そういう気持ちを伝えるだけで充分ですから」 お願いします、と、目で訴えられ、大介はじっと勝則を見ていたが、間を置いて深く鼻から息を吐くと目を逸らし足下の雪を軽く蹴った

「そうか

ンまあ……煮え切らんオレもあかんねんな」「……伝えてくれますか?」「そらまあ……伝えよう思えば伝えられるけどやなあ……」 曖昧に言葉を濁しつつ、雪を踏んで固める

まだ何か腑に落ちないでいる大介に、勝則は怪訝に眉を寄せた

「何をためらっているんですか? 矢野さんの何かがダメなんですか? ……やっぱり……子どもっぽいですか?」「ンあ? ああ、風呂で言うたことか? ちゃうちゃう

そんなンちゃう」 大介は少し吹き出し笑って首を振ると、「……しゃーないなあ」と腕を組んで壁に背もたれた

「そんなン必死になってお願いされたら……なあ

ほなぁ……おまえには言うとくけど」「……え? ……なんですか?」 どこか深刻そうな彼の気配にただならぬものを感じ、勝則は戸惑いを露わに耳を傾けた

「おまえらは知らんのやろうけど……、矢野ンとこ、結構でかいねん」「でかいって……お家ですか?」「おう

そこそこな

優樹ンとこほどちゃうけど、まあ……結構なお嬢やわアレも」 大介は続けながら「……はあ」と気の抜けた吐息と共に肩を落とした

「オレもなんや……運が悪い言うか……