朝一 スロット オススメ

朝一 スロット オススメ

誰かに任せるわけにもいかないし、聞かせるわけにもいかない話が多くあるから仕方がないのだけど、領主って大変だな……と、改めて思った

 二人して気力が尽き、暫く長椅子にもたれかかって放心していたのだけど、忘れないうちに、礼だけでも伝えておかねばと、思った

「……まだ後継の私を……ありがとうございます」 本来なら父上との間に交わすべきものだ

あなたも好きかも:パチンコ ドラゴンゲート
セイバーンは其方が次の領主と決まっておるのだろう? セイバーン殿の体調的に考えても、其方が成人を迎えれば、即座に領主の座を譲る話が出るのではないのかね?」「…………はい」「ならば、半年程度先取りしたにすぎんよ」 その話は、既に進んでいる

 役職を賜ってしまったし、この一年はまず、仕事に慣れることを優先するが、来年……

 俺が成人したら直ぐに、領主の座を引き継ぐことになっている

 父上は精力的に活動していらっしゃるものの、やはり、年齢的なこともあるし、毒に蝕まれた事実は変わらない

 お身体は確実に弱っているし、寿命としては…………五年保てば素晴らしいことだと、ナジェスタからは言われている……

 俺の内心を知る由もないエルピディオ様は、ただ領主を継承するという事実だけを言葉にされたのだろう

「其方の事業は、大きすぎる

あなたも好きかも:日立 パチンコ バイト
老齢の私や、セイバーン殿には重い

 であるから、次代の其方が今から取り纏め、全てを把握していくというのは、正しい選択と思う

 これを次に引き継ぐ時は、更に大変であろうな……」 そう、溜息と共に呟いたエルピディオ様は、意味ありげな視線を俺に寄越した

「それで

 其方はまだ、婚姻を結ばないのかね?」「はい……