ブラックジャック 子供

ブラックジャック 子供

 私だけじゃないから、こっちのことは心配しなくていいよ」「みんなにも、よろしく言っといてくれよ」「うん

あ、そうだ

これも言っておかないいけなかったな……」ミーシャは思いだしたように「マシーナリーさんたちの ヤマグチさんの記憶回復手術が昨日終わって、今はタカユキタウンの 中央病院で意識が戻るのを待っているところだよ」「おお

上手くいったのか?」身を乗り出してミーシャに尋ねると「明後日くらいには目覚めそうだって

あなたも好きかも:カジノ 困りごと
今もマシーナリーさんたちの 専門のお医者さんたちが付っきりで、様子を見てるよ」床を見て、拳を強く握ってガッツポーズをする

山根も仲間になり、今度は親友の山口も復活してくれればもう恐れるものはない

少し不安げな表情のタガグロがギュッと俺の身体に抱きついてきたので右腕で抱き返す

「大丈夫

タガグロが一番だよ

子供たちも居るしな」「わかっとるよ」タガグロはニコッと微笑んだ

「俺たちどのくらいナホンに居るか、分からないから その間ミーシャが、目覚めた山口に色々と教えてやってくれよな」「もっちろん!!剣術もジャン君と一緒にビシバシ教えるよ!! バグラさんからもうヤマグチさんの武器を貰ってるからね!!」「頼むな

あなたも好きかも:龍が如く4 スロット
お前だけが頼りだ」「まっかせといてー!!」ミーシャは軽く力瘤を作って、元気よく頷き食器などの片づけを俺たちとしたあとに「よし!!満足した

あなたも好きかも:菰野 ぱちんこ
じゃ、私帰るね

 仕事たまってるのに、無理言って来たんだ」と立ち上がったので、扉まで二人で送る

「そうか……くれぐれも身体に気をつけてくれよ」「兄さんも無理しないでね

兄さんさえ居れば 私はいつも元気でいられるよ」「ありがとう……」ミーシャは俺を一回抱きしめると、振り返らずに部屋から出て行った

「ミーちゃん、立派になったなあ……」タガグロが呟く