マジック・ターゲット・デラックス

マジック・ターゲット・デラックス

あなたも好きかも:is スロット 天井
誰もそれを裏切りとは思うまい

自分が聞かれれば同じように対応しただろう

あなたも好きかも:steam ゲーム機
「か、彼らだと思います」「あんがと」 風音はにっこりと答えた男に笑いかけ、そしてタツヨシくんに命令する

「タツヨシくん、そいつら家ん中に連れてって」 タツヨシくんは頷くと事も無げに俵三つ担ぐように男三人をかついで家の中に入っていった

そして風音も中に入っていく

「にゃあッ」 その入り口にユッコネエが座り込み、冒険者たちを睨みつける

誰も彼もがそれに恐れて動けない

 実際、この数の冒険者ならばエルダーキャットと戦うには十分な数ではある

だがそれはちゃんと装備を調えて万全の体勢で挑んでこそだったし、目の前の化け猫と対峙するということは中に入った少女の形をした何かと敵対するという意味でもあった

無謀過ぎると誰もが思った

 そして10分ののち、中に入った三人の男どもが泣きながら出てきて、風音のドアを丁寧に洗い始めた

外にいた彼らの部下はそれを唖然としてみていたが、男たちの涙が止むことはなく、まるでドアが新品のようにピッカピカになるまで洗い続けていた