凱旋 パチンコ

凱旋 パチンコ

  そんな理屈は通用しないと、彼女ははっきりと告げている

あなたも好きかも:鶴見 パチンコ 閉店
 命令に逆らってまであそこに居座れば、私達は処分の対象になる

 言うまでも無く、彼女達も

「そういう事だから

あなたも好きかも:仁川 パラダイスシティ
目の調子も悪くて、ちょうど良いでしょ」「それとこれとは、話が」「一緒でも違ってても、同じ事よ

じゃ、またね」 遠ざかっていく声とざわめき

 後を追おうにも、今の自分に教室の机と廊下の人ごみを避けて彼女に追いつく自信は無い

 そんな自分に何が出来るのかと言われている気すらしてくる

「今の話は?」 静かに押さえ気味に尋ねるサトミ

 相手は勿論、モトちゃんだろう

「私も、今聞いた

あなたも好きかも:パチンコ 店員 仕事 内容
退去するようには、何度も言われていたけど」「無理やりなのは、初めから分かってた事でしょ」「時間との勝負に負けたって事ね

自警局との交渉は続けてるけど、H棟の隊長を追い出すまでには至っていない」「無理に居座れば?」「処分の対象になるのは明らか

それが停学で済むのか、退学にまで行くのかは分からないけど」 ため息交じりのやるせない返事

 席を立つ音がいくつかして、私の腕に軽く手が添えられる

「立てるか」「足は大丈夫なの」 多少の虚しさを感じつつそう答え、リュックを背負いショウの腕にすがる

 私がやってきた事