大工の源さん スロット 爆裂

大工の源さん スロット 爆裂

 それに対して、建物の数がどうしても追い付いていないのである

「見習いの数を増やして、何とか対応していますが、需要に追いつくのはもうしばらくかかるでしょうな」 既存の工芸ギルドからのクラウン加入もあるのだが、それでも建築が追い付いていないのが現状である

あなたも好きかも:pso2 カジノ リリーパの落書き
 あぶれている冒険者たちは、テント暮らしになっているのだ

 ちなみに、街に定住を希望(家を購入)する者達から優先的に、住居を振り分けている

 住居は、賃貸と売家の両方を用意している

 売家の方は、家の売却料と土地からの賃料がクラウンの収入となっている

「そうか・・・それで? 今一番の問題は?」 考助の質問に、三人が顔を見合わせて、真っ先にこう言った

 早くクラウン名を付けてくれ(ください)、と

 流石にここまで規模が大きくなると、名前なしではまずいだろということだ

 手遅れかもしれないが、クラウンという名前のギルドだと勘違いするものが出てくる始末なのだそうだ

 三人のほとんど懇願、と言っていい希望に、考助はため息をついた

 いい名前が思いつかないので、先延ばしにしてきたが、流石にそろそろ決めないと駄目だと思ったのである

あなたも好きかも:エヴァ パチンコ 新台 スペック
「それじゃあ・・・『リラアマミヤ』はどう?」「リラアマミヤ、ですか? ・・・どういう意味でしょう?」 聞いたことがない言葉に、シュミットが首を傾げている

 他の二人も同じような表情である

 アマミヤというのは、塔の名前になっているのは知っているが、意味までは知らないのだ

まあ、造語なんだけど

リラは安らぐとか寛ぐとか言う意味で、アマミヤは空にある城とかいう意味、かな?」 要するに、クラウンメンバーにとって安心できる場所というような意味で付けたつもりである

 その説明を聞いた三人は、しばらくの間口の中でつぶやいたり、考えたりしていた