マリオ ぱちんこ

マリオ ぱちんこ

一方、小国家群統一を急務としたガンディアは、小国家群の国々に関する情報を網羅していたが、三大勢力の内情については詳しくはなかった

三大勢力の内情を探るために労力を割くよりも近隣国や小国家群内の国々の情報を集めることのほうが、小国家群統一という大目標のためには重要だったからだ

その結果、最終戦争に対して為す術もなかったなどということはない

たとえ三大勢力の内情に精通していたとして、あの戦いを防ぐことはできなかった

いまの世で最終戦争と呼ばれるあの戦いは、神々の意志によって引き起こされたものであり、そこに三大勢力の支配者たちの意図など介在していなかった

三大勢力の動きを察知し、それぞれに働きかけたところでどうすることもできなかったのだ

あなたも好きかも:2 月 パチンコ 新台
 そして、“大破壊”が起きた

 それがすべてだ

あなたも好きかも:オンラインカジノ クルーズ
 セツナが後悔することがあるとすれば、ガンディアを守れなかったということだが、それがどれほど傲慢な考えであるかも理解していた

当時のセツナの力では、三大勢力を殲滅することはおろか撃退することなど不可能だったのだ

たとえセツナの元に配下が集い、ファリアたちが揃っていたとしても、敵わなかった

あなたも好きかも:モンスターハンター スロット 設定6 グラフ
 あるいは打ち勝てたとして、その場合、“大破壊”以上の破局を免れ得なかっただろう

 最終戦争は、神々による儀式だった

 聖皇復活の儀式

 聖皇の力を召喚するための――

「しかし、ニーナ・ラアム=エンシエルといえば、帝国内での発言力は低く、その権勢もたいしたものではなかったはず

しかも彼女の領地は、帝国領土内でも辺境と呼ばれる小国家群近郊のエンシエル