戦 律 の ストラタス スロット

戦 律 の ストラタス スロット

中は、真っ白な土壁に囲まれた洞窟のようになっていて壁に開いた窓や、カンテラの光が内部を明るく照らしている

あなたも好きかも:スロット 各台計数機 設置店
入ってすぐの木製の受け付けカウンターで、双子が着ているような厚い布を張り合わせた服を着ている係員の綺麗な女性にリィナが手続きを済ますと俺たちは近くの木製の階段を昇り、二階の通路を進んでいく

タガグロが不ぞろいな穴の開いている、壁を見ながら「窓にはガラスがはまっとるね」「そうだな

しかしすげぇな

完全に異文化だわ」「田舎で申し訳ないです……」双子はなぜか小さくなって謝ってくる

あなたも好きかも:パチスロ 北斗 の 拳 強敵 2ch
「いやいやいや、田舎とは思ってないよ

ラルムも凄かったけど この街もまったく外の世界で見ないつくりだなと」話していると普通に俺たちが歩いている通路脇を一メートルほどの大きさの黒蟻の十匹ほどの集団が整列して横切っていった

一瞬、俺とタガグロとクラーゴンで固まりながら去っていく蟻の集団を眺める

「あの……もしかして、ここって本当に蟻塚なの?」蟻塚っぽく作ったビルじゃないんかい

「よくご存知ですね!!まさに蟻塚なんですよ

 人と蟻が共存する都市がビバルスです」リィナは俺が蟻塚を知っていたことが嬉しいらしく、喜んで説明してくれる

「外にはあの幽鬼じゃなくて、虫たちはおらんかったけど……」「蟻達は、専用の地下通路を通って街の外の森へと行きますから」「そうなんや

あなたも好きかも:戦国無双 パチスロ bgm
蟻と人の住み分けができてるんやな」タガグロが今一理解していない顔で、無理やり頷いている