低 レート パチンコ

低 レート パチンコ

ライの宿す魔王のように、矛盾した存在が居る事もある

あなたも好きかも:スロット 背景 フリー
だからこそ確信してはいるが絶対では無いのだ

「けど、一応警戒するに越した事は無いって訳ね?」「フッ、その通りだな」 最後にシターが言い、エマが肯定《こうてい》して返す

 可能性がほんの少しでもあるのならば警戒した方が良い

大樹にも多くの見張りが置かれるだろうが、敵が何処から来るのか分からないのだから

 エマ、ラビア、シターは大樹の中を進み、警戒しつつ見回りをしていた

***** そして、大樹内で見回りをしているエマたち三人と違い、大樹の枝の上にて遠方を見回す者──マルスたちが居た

 この場所は大樹の枝だが、幻獣たち数百匹は乗れるような広さと強度を持ち合わせている

 加工されていないので足場は悪く屋根も無いが、然程《さほど》気にならぬ事だろう

「……大丈夫でしょうか……ライさんたち……僕は此処に居るだけで良いのでしょうか……戦わなくても良いのでしょうか……」『……フッ、何を言っている

あなたも好きかも:これから の パチスロ 業界
既に主は戦っているだろう

あなたも好きかも:艦これ 空母 スロット 補正
魔族の国のマルス王よ

我らは大樹を護る事が使命

マルス王の指示に従ってな

我らとはあまり接点の無い魔族だが、我らの大将は主だ

もっと自信を持て』「……! は、はい!」 その場所ではマルスが不安そうであり、四神のうちの一匹である玄武が活を入れるように話す

 前は活を入れられても不安そうだったマルスだが、気合いの入った返事をしたという事はある程度王としての貫禄を身に付けつつあるのだろう

『ハッハ、玄武の旦那、旦那も中々言うじゃねえか

その通りだぜマルス王