パチンコ屋 タコ焼き

パチンコ屋 タコ焼き

次の地点へ」「あ、はい」 この目の前の壁に向かって前進してくる大樹がいるのだ、風の魔術師の杖に跨(またが)り、ひしっとしがみつくと、ヒュンと空へと飛んだ

 すると、ラバの方角から飛んでくる部隊が見えた

あなたも好きかも:スロット データ管理 アプリ
「ヴァートさん!」「あ、アイナさんと……ガイツさん?」「おうよ!」 アイナは残っていた自分の部隊を、火の魔術師団を背中に乗せて駆けつけた

「あの何故ガイツさんが? この悪天候では火の魔法は厳しいのでは?」「はあ!? 馬鹿言ってんじゃねえよ!! オレの火の魔法がこんな雨なんかに負けてたまるか!!」 テンション高めに、バタバタと空中で暴れているのは火の魔術師団隊長、ガイツ・クリプファ

あなたも好きかも:ガメラ 卵 スロット
 その様子を、可哀想にと部下を見ているアイナ

あなたも好きかも:キタック スロット
「あのっ……困ります! 落ちますからっ!」「ヴァートさん、殿下から作戦はこのまま継続、随時状況を報告せよとのことよ」「わかりました

後、殿下にご報告が――」 ヴァートは自分の考えも加えた上で説明を始める

 ヴァートが壁を作った理由は進行方向の変更だが、それは叶わなさそうだと説明

 そしてそのことから、この大樹は暴走状態にあるのだと予想も説明した

「なるほど、確かにそのように見えますね……」 壁に向かって、直進している大樹を見ながら、納得がいくような口ぶりで話す

「ですが、殿下方の話だと召喚士(サモナー)がいるのかもと言っていました」「らしいな

それだと直進してくるのはおかしくねぇか?」「制御が出来ていないのでしょうか?」「それとも破壊できる自信があるのか……どちらにせよ、王都に向かっているのは見てわかる通りです

ヴァートさんは次の地点へ

我々はあの大樹に攻撃を仕掛けます」「その為にガイツさん達を?」「おう! お前があんなデカブツ作って守ってくれてるんだ……オレ達にもカッコいいことさせろよ」 褒められて、照れた様子でフードを深く被って顔を伏せた

「ヴァート殿、では他、待機している部隊も……」「え、えっと移動をお願いします

進行を変える可能性は捨てきれませんので……」「貴方は殿下にヴァートさんが言われたことを報告」 アイナの隣にいた伝法役の部下にそう伝えると、その部下は返事をすると、ヒュンとラバの方向へと飛んでいった