パチスロ マクロスフロンティア 解析

パチスロ マクロスフロンティア 解析

風音がユッコネエドラゴンをアルゴ山脈の周囲を飛び続けさせて、風音の目論見通りにグリグリがそれを発見して合流しただけである

 それから今に至るまでの経緯についてはグルルゥとしか話さないグリグリの通訳としてタツオが説明を行っていた

『グリグリは昨日の朝食としてそこのお魚を捕獲したらしいのですが、予想以上にヌメって途中で取り逃してしまったそうなのです』 鷲獅子竜であってもあのヌメりは大変だったらしい

グリグリがバハムート・コロラビスサイラを食べながら頷いている

「それで追いかけてはみたものの捕まえられず」「人里近いこの場所に逃げられたので放置したというわけですか」 ジンライとキンバリーの言葉にタツオとグリグリがくわーっとグルルゥと鳴きながら頷いた

『そうなのです

あなたも好きかも:ルパン 不二子 スロット ボーナス中
グリグリは母上と接触するまでは必要以上に人間に接触しないようにと言われておりましたので、それを守るために炎を吐くのも禁じていましたし、ご飯も断腸の思いで見逃したそうです』「グルゥゥウウ」 タツオの言葉にガツガツと食べているグリグリが唸って頷いた

あなたも好きかも:snk スロット
辛い決断だったようである

あなたも好きかも:パチンコ abc 仙台
「まあ、この付近で大暴れされて火事になっても困りますしねえ」 キンバリーは冷や汗をかきながら一定の理解を持って頷く

その様子は己を納得させようとしているようにも見えた

「まあ、そんでさっき私に会ってご飯を回収する許可も与えたことでこうしてバハムート・コロラビスサイラを倒しに来たってわけだね

けどジンライさんたちがすでに接触しているとは思わなかったよ」 風音の言葉に、自分たちだけで殺る気だったジンライやライルはブスッとしていた

「もう少し来るのが遅けりゃ俺たちだけで仕留められたってのにさ」「確かにそれは心残りではあるな」「はいはい

あーいうのはとったモン勝ちだからね

それができなかったジンライ君たちの負け……でしょ?」 いじけ気味のふたりにルイーズがそう声をかける

ジンライもライルもそれを分かっているから直接風音に何も言わないのである

もっとも態度に出ていれば、口に出したも同然であり、ジンライもライルも肩を落としてため息をついた

 ともあれバハムート・コロラビスサイラの討伐は完了し、これでひとまずの問題は去ったわけである

そして続けての問題である目の前のグリグリを見ながら、キンバリーが風音に尋ねた